ライフスタイル
2015年10月15日 00時58分 JST | 更新 2015年10月17日 22時16分 JST

「テンボ」の多様性に満ちたキャットウォークに世界が注目【東京ファッションウィーク】

「異なる個性を持ったモデルがいることは、私にとってごく自然なことです」

※ハフポストUK版の記事を翻訳しました。

これまでに、ファッション界で多様性(ダイバーシティ)を受け入れようとする試みは、長らく形式だけのものとして非難されてきた。しかし、10月上旬に東京ファッションウィークで行われた、「テンボ」(tenbo)の2016年春夏コレクションのショーにはこれに当てはまらない。

10月13日に、車いすに乗ったモデルや杖を持ったモデル、トランスジェンダーのモデルたちが、様々な年齢層のモデルと一緒にキャットウォークを歩いた。このショーは「モデルは決まった体型でなくてはならない」という古くからの考えかたは、完全に神話になったことを証明している。

「異なる個性を持ったモデルがいることは、私にとってごく自然なことです」と、デザイナーの鶴田能史氏がShinyShinyに語った。

「そういう世界は、ユートピアだけだと思うかもしれませんが、これは私たちが暮らしている現実世界の話です。私はファッションを通して、そのことを示したいのです」

ブランド「テンボ」のミッションは、“世界中のすべての人”が、障がいの有無にかかわらず着れる服を創ることだ。鶴田氏は、他のショーのキャットウォークに欠如している多様性に挑戦しながら、政治的なテーマも扱ってきた。

「今回のテーマは1945年です」と、2016年春夏コレクションの総括を頼まれた時に鶴田氏が話してくれた。「難しいテーマですが、ファッションを通じて表現できそうだと思いました」

タレントのルー大柴さんもショーに登場した。さあ、コレクションの写真を見てみよう。

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています