NEWS
2015年10月28日 19時37分 JST

【アフガン地震】タリバン、国際救助活動を妨害しないと表明

アフガニスタン北部で26日に発生した大地震による死者数が増加するなか、同国の反政府武装勢力タリバンは27日、戦闘員に対して国際支援団体の救助活動を妨害しないよう指示した。

Reuters

アフガニスタン北部で26日に発生したマグニチュード(M)7.5の地震による死者数が増加するなか、同国の反政府武装勢力タリバンは27日、国際支援団体に対し、被災者の救助をためらわないよう求めるとともに、戦闘員に対して救助活動を妨害しないよう指示した。

同国では、不安定な治安情勢が救助活動の最大の障害となっており、これまでに何度も支援団体が武装組織の標的となっている。

こうしたなかタリバンは、国際支援団体による救助活動を妨害しないと表明し、戦闘員に対しても被災者を支援するよう命じた。

当局によると、これまでに確認された死者数は、パキスタンで228人、アフガニスタンで少なくとも115人。4000戸以上の家屋が被害を受けたという。

今後、遠隔地との交通や通信手段が復旧するに伴い、死者数はさらに増加すると予想されている。

首都カブールでは、北大西洋条約機構(NATO)がアフガン治安部隊との協力を進めているが、危険を考慮し、依然として被災地域までの交通手段などについて調査している段階だという。[カブール/イスラマバード 27日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

Photo gallery Earthquake In Afghanistan,Pakistan And India 2015 See Gallery