NEWS
2015年10月30日 19時03分 JST

金本知憲監督「6」と掛布雅之・2軍監督「31」が初登場 阪神の秋季練習(画像)

プロ野球・阪神タイガースの秋季練習に10月30日、着任したばかりの金本知憲監督と掛布雅之・2軍監督が、就任後初めて、新しいユニホームを着て阪神甲子園球場に現れた。

プロ野球・阪神タイガースの秋季練習に10月30日、着任したばかりの金本知憲監督と掛布雅之・2軍監督が、就任後初めて、新しいユニホームを着て阪神甲子園球場に現れた。

2012年以来となる背番号「6」を背負った金本氏は、江越大賀選手ら若手の外野手に助言するなど、声を張り上げて指導した

日刊スポーツによると、「久しぶりなんでね。まあ、ちょっと恥ずかしいやら…」と照れながら、

「野球に対する意識を根本から変えようと思っている」

と、11月1日からの秋季キャンプに狙いを定めた。

引退した1988年以来、27年ぶりに縦縞のユニホームに袖を通した掛布氏。47NEWSによると、

「全然違う立場で戻ってきて違和感があるけど、心地よい緊張感を持ちながら甲子園の土を踏みました」

「ファームとはいえ、皆さんに見てもらう野球を意識していきたい」

と抱負を語った。

金本監督と掛布ファーム監督がユニフォーム姿を披露!本日30日(金)に行われた秋季練習で、金本監督と掛布ファーム監督が「6」「31」のそれぞれの背番号を付けたユニフォーム姿を披露しました。

Posted by 阪神タイガース DreamLinkプロジェクト on 2015年10月29日
Photo gallery 掛布雅之・永遠のミスタータイガース See Gallery
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています