NEWS
2015年12月19日 01時12分 JST

年齢200歳以上のサンショウウオが中国で発見される

地球上で最も長く生きている生き物と考えられる。

現生する両生類の中で最大であるチュウゴクオオサンショウウオは、驚くべき生き物だ。時に「生きた化石」と呼ばれることもあるこの種は、何百万年も前から姿を変えることなく地球上に生息している。    

乱獲と生息地の消滅のため、チュウゴクオオサンショウウオは絶滅の危機に瀕している。IUCN(国際自然保護連合)はチュウゴクオオサンショウウオを「絶滅寸前」のカテゴリーに指定しており、過去45年で個体の数が80%以上も減少したと話している。

だから、野生のチュウゴクオオサンショウウオが発見されたというだけで、それ自体驚くべきことなのだ。

ところが、この野生のチュウゴクオオサンショウウオは200年以上も生きていたというのだから、今回の発見は歴史的だ。

地元メディアの報道によると、12月上旬、中国の南西部の漁師が洞窟の中で巨大なオオサンショウウオを発見したとのことだ。この漁師は、偶然オオサンショウウオの上に足を乗せ、それが「柔らかくぬるぬる」していたために生き物だと気づいた、とマザー・ネイチャー・ネットワークに話している。

この重慶市で発見されたオオサンショウウオは体長は1.3メートル以上、体重は45キロ以上だと中国のニュース局が報道している。

科学者たちによると、このオオサンショウウオは200年以上生きているとのことだ。オオサンショウウオの平均寿命は野生では80年、飼育下では55年ほどなので、このオオサンショウウオは他の個体よりもずっと長く生きていることになる。またこのオオサンショウウオは、地球上で最も長く生きている生き物と考えられている。

このオオサンショウウオは研究と保護のために、特殊研究施設に移送された。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery 世界の「変な生き物」30選 See Gallery
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています