NEWS
2015年12月27日 19時46分 JST

ジョニーデップが○位?「報酬もらいすぎ俳優」トップ5はこれだ

今年のトップ5は誰だったのかを見てみよう。

あまりトップになって嬉しいランキングではない。

アメリカのビジネス誌フォーブスが、毎年恒例のハリウッドで最も報酬をもらい過ぎた俳優ランキングを発表した。「ギャラは高いが、必ずしも興行収入に結びついていない男性俳優」のトップ10で、俳優ジョニー・デップが1位になった。

ジョニー・デップが出演した映画では、彼がもらった報酬の1ドルにつき、わずか1.20ドルしか興行収入を回収できなかったのだそうだ。

このフォーブスのランキングは、2015年6月までに俳優が出演した主要な映画の結果に基づいており、アニメーション映画や脇役、2000シーン以下の短い作品への出演は除かれている。

映画の興行成績を集積、分析するサイト「ボックス・オフィス・モホ)のデータから、それぞれの映画の制作予算を推定し、全世界の映画館での興行収入から引きました。俳優が直近で出演した主要な映画3作品の興行収入を合計し、俳優の推定報酬で割って、今回の報酬に対する興行収入の数字を算出しました。

2014年のトップはアダム・サンドラーで、報酬1ドルにつき3.20ドルの興行収入という結果だった。2014年はジョニー・デップは2位で、報酬1ドルにつき平均4.10ドルという結果だった。

さぁ、2015年の2〜4位は誰だったのかを見てみよう。完全版リスト(英語)は、Forbes.comから見ることができる。

2位:デンゼル・ワシントン

報酬1ドルにつき興行収入6.50ドル

3位:ウィル・フェレル

報酬1ドルにつき興行収入6.80ドル

4位:リーアム・ニーソン

報酬1ドルにつき興行収入7.20ドル

5位:ウィル・スミス

報酬1ドルにつき興行収入8.60ドル

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery 「最も美しい顔100人」2015年 See Gallery
Photo gallery ジョニー・デップ これまでの変化 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています