当時はこれが最先端だった? 一風変わった昔の機械17選

ラジオで初めてニュースを放送するのを支えた技術から、ジャガイモの皮むき器や洗濯機まで、先端技術を駆使した機械装置は人々の生活を豊かにし、人類の発展を支えてきた。
|

ラジオで初めてニュースを放送するのを支えた技術から、ジャガイモの皮むき器や洗濯機まで、先端技術を駆使した機械装置は人々の生活を豊かにし、人類の発展を支えてきた。

そうした機械をめぐる科学技術はここ数世紀の間に大きく進歩したが、いつの時代でも私たちの想像力を掻き立てるものだった。

1890年代から1950年代までの写真まで、先端科学を駆使して作られた装置の大きな変遷の跡をたどってみよう。

ラジオのニュース放送
Universal History Archive/UIG/Getty Images
1920年、アナウンサーが読み上げる速報ニュースが電波に変換されている。
タイプライター
A. & E. Frankl/ullstein bild via Getty Images
1925年にデンマーク人牧師が発明した、世界最古のタイプライターの一つ。
移動式の更衣室
Archiv Gerstenberg/ullstein bild/Getty Images
1895年、ドイツ製。北海沿岸のリゾート地で貴婦人たちが水着に着替え、すぐに水泳ができるように作られた。
ビタミン抽出装置
Herbert/Archive Photos/Getty Images
1950年、技師がダイヤルを調節してビタミンAを抽出している。装置の周りは冷却ファンで埋め尽くされている。
トラクター
Hulton Archive/Getty Images
1902年、初期のキャタピラー式農作業車。イギリスのラスティン・アンド・ホーンズビー社製。
ジャガイモの皮むき器
ullstein bild/Getty Images
1932年、ご婦人がジャガイモの皮むき器を試している。
タイヤ製造装置
Underwood Archives/Getty Images
1925年8月21日の日付けがある写真。このタイヤ製造装置はワシントンのスミソニアン博物館が所有している。
洗濯機
PhotoQuest/Getty Images
1914年、当時の洗濯婦が山のような洗濯物をガス式洗濯機に放り込んで休憩している。
水陸両用車
Boyer/Roger Viollet/Getty Images
1910年、イタリアのオスティアで、水陸両用車が浜辺から海に入るところ。
動物病院
Gamma-Keystone/Getty Images
1920年、病気の犬が受けているのは紫外線治療だ。
フィットネス・マシン
General Photographic Agency/Getty Images
1930年、女優のローズマリー・アンドレーは当時の最新式のフィットネスマシンで体の美しさを保っていた。
車輪型自動車
Fox Photos/Getty Images
1932年2月9日付の写真。電動式の大車輪、最高速度は時速48km。イギリス・タウントンのJ.A.パーブス親子が作り上げ、浜辺で試運転している。
写真の無線伝送装置
Gamma-Keystone/Getty Images
1920年、無線による画像の転送に世界で初めて成功した。
街路のメンテナンス
IMAGNO/Austrian Archives/Getty Images
1936年4月7日付の写真。イギリスで、新しく造られた道路の効率を調べるために使われた装置。
風力風向計
Gamma-Keystone/Getty Images
1920年、ジョーゼフ・ダンコが、自ら発明した風力風向計と共に写っている。
コンデンサー
General Photographic Agency/Getty Images
1912年、ジョン・ブラウン&カンパニー造船所にて建造中のキュナード・ライン社の船アクイタニア号の甲板に据え付けるため、クレーンで吊られている超巨大コンデンサー。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

クリスマスの今と昔