東京ディズニーランドに「美女と野獣」「ベイマックス」がやってくる(画像集)

「美女と野獣」「ベイマックス」などをテーマにしており、いずれも2020年春にお披露目される予定となっている。
|

東京ディズニーランドとディズニーシーを運営するオリエンタルランドは4月27日、2つの園に新設されるアトラクションの計画について発表した。「美女と野獣」「ベイマックス」などをテーマにしており、いずれも2020年春にお披露目される予定となっている。

東京ディズニーランドでは、ファンタジーランド内に大型アトラクションを含む「美女と野獣エリア(仮称)」などが新設される。美女と野獣のアトラクションはライドタイプで、「野獣の心の扉を開こうとするベルのロマンチックな冒険の旅」を体験することができるという。そのほか、トゥーンタウンには、ミニーマウスと写真撮影ができる新しいグリーティング施設が誕生する。

一方、東京ディズニーシーにはメディテレーニアンハーバーに、海外のディズニー・テーマパークで人気というシミュレータータイプの大型アトラクション「ソアリン」を導入する。

新キャラクターグリーティング施設の体験シーン
©Disney
画像はイメージです
ファンタジーランド新エリアの全景
©Disney
画像はイメージです
「美女と野獣エリア(仮称)」の街並み
©Disney
画像はイメージです
大型アトラクションの外観
©Disney
画像はイメージです
大型アトラクションの体験シーン
©Disney
画像はイメージです
ライブエンターテイメントシアターの外観
©Disney
画像はイメージです
ライブエンターテイメントシアターの内観
©Disney
画像はイメージです
『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションの体験シーン
©Disney
画像はイメージです
開発エリア (東京ディズニーランド)
©Disney
※画像はイメージであり、各施設の展開エリアを精緻に示すものではありません
「ソアリン(仮称)」の外観
©Disney
画像はイメージです
「ソアリン(仮称)」の体験シーン
©Disney
画像はイメージです
開発エリア (東京ディズニーシー)
©Disney
※画像はイメージであり、各施設の展開エリアを精緻に示すものではありません

ディズニーランドを訪れたセレブ

ホームページへ