WORLD
2018年01月08日 17時35分 JST | 更新 2018年01月09日 10時36分 JST

トランプ大統領が「フェイクニュース賞」を発表へ 1月17日

発表は一旦延期されたため、反トランプ派が賞を皮肉る「ロビー活動」も増えた

トランプ大統領
Jonathan Ernst / Reuters
トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が1月7日、Twitterで「フェイクニュース賞」を発表することを予告した。発表は17日で、「最も間違いが多く、偏った主要メディア」に贈るとしている。

トランプ氏は20日で大統領に就いてから1年になる。就任以来、自身を批判するメディアに対して、事あるごとに「フェイクニュース」と「口撃」し続けている。

トランプ氏が7日に投稿した内容は次の通り。

最も間違いが多く、偏った主要メディアに向けたフェイクニュース賞はこの月曜日ではなくて、1月17日の水曜日、敗者に贈られるだろう。この賞の面白さと重要さは、予想をはるかに上回る!

当初、トランプ氏は月曜日にあたる8日に発表するとツイートしていた。

最もいいかげんで、間違いが多かったメディアの年間大賞を月曜日の午前5時に発表する。テーマは、フェイクニュースメディアの様々な部門で、いいかげんさと悪質な記事を含むことだろう。引き続きご注目!

自ら延期させた理由は不明だが、アメリカのインターネットメディア「デッドライン」は、8日はトランプ氏がアラバマ州で予定されている「カレッジフットボール」の試合観戦に行くためだろう、と指摘。その上で、トランプ氏と批判するコメディアンらが、賞を揶揄するための「ロビー活動」の時間が増えた、などと皮肉った。