NEWS
2018年01月20日 10時31分 JST | 更新 2018年01月20日 10時31分 JST

徴兵制、フランスも復活へ マクロン大統領が表明 18~21歳の男女対象

ヨーロッパ各国に軍事強化の波。スウェーデンでも7年ぶりに復活

1月19日、トゥーロンで閲兵するマクロン大統領
Jean-Paul Pelissier / Reuters
1月19日、トゥーロンで閲兵するマクロン大統領

ヨーロッパに軍事強化の波が訪れている。スウェーデンに続いて、フランスも徴兵制を復活だ。

AP通信によると、フランスのマクロン大統領は1月19日、海軍基地がある南部のトゥーロンで、軍の幹部や兵士を前に年頭の演説をした。その中で、2001年に廃止されていた徴兵制度を復活させる考えを示した。

相次ぐテロの脅威に備えるため、18歳から21歳の男女(約60万人)が対象だ。1カ月の兵役に参加する。

マクロン大統領は、2017年の大統領選で18歳以上の男女を対象に約1カ月の兵役を課すことなどを公約に掲げていた。

■スウェーデンでも復活

ヨーロッパでは徴兵制が一旦は廃れたものの、再び導入する国が増えている。

スウェーデンでは1月から徴兵制を7年ぶりに復活させる。兵士に志願する若者が減るなか、近隣の軍事大国であるロシアの武力外交をにらみ軍事力を強化するためだ。

5月には、戦争を含む有事の対応マニュアルを記したパンフレットを約470万の全世帯に配布する予定だ