NEWS
2018年01月28日 14時07分 JST | 更新 2018年01月28日 14時07分 JST

名護市長選告示、「辺野古問題」が争点

投開票は2月4日

護岸工事が進む辺野古の沿岸部。米軍キャンプシュワブ境界線のフェンスには抗議の垂れ幕が掲げられている=沖縄県名護市 
時事通信
護岸工事が進む辺野古の沿岸部。米軍キャンプシュワブ境界線のフェンスには抗議の垂れ幕が掲げられている=沖縄県名護市 

名護市長選告示、現新2氏届け出 辺野古問題が焦点に

 沖縄県名護市の市長選が28日告示され、3選をめざす現職の稲嶺進氏(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社会大衆推薦、立憲支持=と、前市議の新顔渡具知(とぐち)武豊氏(56)=自民、公明、維新推薦=の2人が立候補を届け出た。投開票は2月4日。

 工事が進む辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設計画の是非が焦点。移設をめぐって市長選が争われるのはこれで6度目となる。

 稲嶺氏は過去2回と同様「海にも陸にも新しい基地を造らせない」と主張。政府から米軍再編交付金を打ち切られた後も市政を運営してきた2期8年の実績を強調する。移設に反対する翁長(おなが)雄志(たけし)知事と「オール沖縄」勢力が支援する。

 渡具知氏は、移設について県と政府が係争中の訴訟の「推移を見守る」と述べるにとどめ、国の財政支援を得ての観光開発や地域振興を訴える。安倍政権が全面的に応援し、政権や与党の幹部らが次々と応援に入っている。

(朝日新聞デジタル 2018年01月28日 12時05分)

関連ニュース