政治
2018年02月07日 10時55分 JST | 更新 2018年02月07日 10時55分 JST

維新、足立氏に国会質問させない方針「誹謗(ひぼう)中傷に近い発言が多々あった」

馬場伸幸幹事長は「度重なるので党として容認できないレベルに達した」と説明

日本維新の会の足立康史氏
朝日新聞社
日本維新の会の足立康史氏

維新、足立氏に「国会質問させぬ」 不規則発言を問題視

日本維新の会は6日の役員会で、同党の足立康史衆院議員(比例近畿)が5日の衆院予算委員会で不規則発言を繰り返したとして、国会議員団幹事長代理と党憲法改正調査会事務局長の役職を6日付で解き、当面の間、国会質問をさせない方針を決めた。

足立氏は5日の予算委で「加計(かけ)学園問題の本丸は石破茂・元地方創生相。なぜ野党は追及しない。石破氏は野党とグルかもしれない」などと発言。立憲民主党の辻元清美国会対策委員長についても「国交副大臣の時に(自治体に)補助金を配って(国有地購入費を実質)ゼロ円にした」などと発言した。

維新の馬場伸幸幹事長は役員会後の記者会見で「誹謗(ひぼう)中傷に近い発言が多々あった。度重なるので党として容認できないレベルに達した」と説明。辻元氏に関しては「事実関係を調べたが、事実ではないと裏取りもできている」と誤りを認めた。

足立氏は昨年11月の衆院文部科学委員会でも、自民、立憲、希望の党の議員3人を「犯罪者」などと呼び、その後陳謝。衆院は足立氏の発言を議事録から削除した。(斉藤太郎)

(朝日新聞デジタル 2018年02月06日 22時35分)

関連ニュース