NEWS
2018年03月03日 15時00分 JST | 更新 2018年03月05日 00時11分 JST

「撮影禁止」の飛田新地の写真を大量に公開 ロシア人ブロガーの記事にTwitter騒然

撮影がダメな理由について飛田新地料理組合に聞いた

「日本最後の遊郭」とも言われる飛田新地(大阪市西成区)で、ロシア人のブロガーが女性らの顔がわかるような形で写真撮影し、サイトに掲載したことが一部の日本人Twitterユーザーの間で波紋を広げている。

飛田新地では女性らのプライバシー配慮に神経をとがらせており、「撮影禁止」が暗黙のルールとされているからだ。実態を知るため、現場を訪ねた。

Kazuhiro Sekine
飛田新地に並ぶ料亭=大阪市西成区(飛田新地料理組合の許可を得て撮影しています。画像の一部を加工しています)

2月上旬の夕暮れ前。あちこちに掲げられたちょうちんが灯り始めた。ひしめき合うように並ぶ建物の玄関は開け放たれ、モデル顔負けの美しい女性らが路上を行く男性たちを手招きする。彼女たちはライトに照らされ、妖艶な雰囲気すら醸し出している。

「おにいさん、寄ってってよ」。女性のわきに座る高齢の女性も呼びかける。

約200メートル四方のエリアに軒を連ねる百数十店は「料亭」の看板を掲げる。若い女性は「仲居さん」、高齢女性は「お運びさん」とそれぞれ呼ばれ、客と仲居による「自由恋愛」との名目で今も売買春が行われている。戦後のGHQによる公娼制度廃止と1958年の売春防止法施行をへて、国内から色街は消えたはずだった。

だが、飛田新地では、ある店が料理店の許可で恐る恐るそれまでどおりの営業をしていたところ、真似をする店が相次ぎ、今にいたる。「最後の遊郭」と言われる所以だ。

飛田新地内には店の壁などあちこちに、通行人らに撮影禁止を日本語や英語で呼びかける看板が掲げられている。女性らや建物にカメラを向ければ、お運びさんにこっぴどく叱られるなど、徹底している。

Kazuhiro Sekine
撮影禁止を求める張り紙

そんな厳格な「ルール」を無視するかのように、ロシア人のブロガーが2017年10月、ブログ記事とともに自身が撮影したとみられる仲居さんらの写真を大量に掲載した。

掲載写真は約30枚。そのほとんどに仲居さんらが映っており、顔にモザイクなどはかけられていない。車の窓ガラス越しに撮したとみられる写真もあり、無許可で隠し撮りした可能性がある。

記事はロシア語で書かれ、おおむね次のような内容だ。

日本の売春婦

レディース・エンド・ジェントルマン!社会的な責任感の低い女性についての記事を発信できることがうれしいです。

日本は本当に驚くべき国です。あらゆることにプロ意識を発揮します。家の掃除をする必要があるかって?いえ、ありません。お掃除ロボットがあります。寿司をつくる必要もあるかって?いえ、それもありません。いつだって寿司職人がいますから。

では女性は必要かって?そこは確認が必要です。というのも、日本の男性にとって、女性は3つのタイプがいるからです。肉体関係を持つ女性と心の安らぎを求める女性、そして子孫繁栄のための女性です。最後の女性とはすなわち妻のことです。

妻はプロの主婦です。心のやすらぎを求めるのは芸者です。それについては後ほど詳しく説明します。そして肉体関係の女性は通常、売春婦です。

もちろん、現在では売春は禁止されています。芸者は芸で自分自身を売り込みますが、売春婦は親密な会話をしながら客を誘惑しようとします。

日本では売春はすでに50年前に禁止されています。しかし、今もなおいくつかのまちでは花街は残されてきました。その最も大きな場所が大阪にあります。それは単なる区画ではなく、売春婦が働く一大地域なのです。

それに続いて次々と写真が掲載され、その合間に「冗談ではなく、日本の売春婦は世界一美しい!」「女性たちの多くが幼い容姿。周りはぬいぐるみに囲まれ、まるでお人形さんのようです。日本の男性たちはそういうのが好きです」などの説明文が書かれている。

また、「15分で110ドル、20分で160ドル、30分で210ドル、60分で410ドル」などと料金についても言及。「おばさんと話がついたら、赤い階段を上がり、2階で女性と『遊ぶ』。その内容は誰も明かさないが、セックスのために金を払っているのは誰もが知っている」と仕組みについても説明した。

記事と写真は別のロシアのサイトにコピーされ、それが最近になって日本人にも見つかり、Twitter上で話題になった。日本人のユーザーからは驚きや批判の声があがった。

撮影禁止の「ルール」について、料亭の経営者らの組織「飛田新地料理組合」の幹部はこう話す。

撮影禁止っていう看板が貼ってあったり、女の子たちのそばにいる料亭のおばちゃんたちは撮影している人には厳しく注意をするかもしれませんが、どうか事情をわかってほしい。というのも、ここで働いている女の子たちはいろんな事情を抱えてます。

それこそ親にも内緒で働いてる子も多い。そんな子たちの顔がしネットに載ったりしたら彼女たちは困ります。外国に旅行にきたら、いろんなものを写真に撮りたいという人情ももちろんわかりますが、どうかその辺の事情に配慮してほしいです。禁止っていうよりは、これはお願いです。

Kazuhiro Sekine
飛田新地料理組合の事務所

一方、飛田新地について長年取材し、関連の著作もあるノンフィクションライターの井上理津子さんはこう指摘する。

確かに借金取りやDVの夫から逃げてきたような、事情のある女性は多いので配慮は必要だと思う。

ただ、最近では、写真がネットにアップされることが宣伝につながると考える女性もいるので、一概には言えない。女性が写真を撮ってもいいと言うならいいと思います。

当然ですが、承諾を得ずに隠し撮りするのはだめでしょう。

ハフポスト日本版は2月上旬、ロシア人ブロガーに取材を申し込んだが3月2日現在、回答はない。取材申し込み後、飛田新地の記事はブログから削除されたが、別のサイトに転載されている記事と写真はそのままになっている。