NEWS
2018年03月14日 17時03分 JST | 更新 2018年03月15日 11時12分 JST

インフル新薬「ゾフルーザ」が発売。自己負担額はいくら?

1回飲めば終わりの手軽さで話題を呼んでいる

ゾフルーザの錠剤
塩野義製薬のホームページより
ゾフルーザの錠剤

3月14日、インフルエンザ新薬「ゾフルーザ」が発売された。最先端の薬を早く提供する目的で厚生労働省が設けた「先駆け審査指定制度」が適用され、2017年10月の申請から5カ月での発売となった。

1回飲むだけのインフル新薬「ゾフルーザ」ってどんな薬? 医師に聞いた

タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどの従来薬は、細胞の中で増えたインフルエンザウイルスが細胞から外に出るプロセスをはばむのが作用の特徴だったが、ゾフルーザはウイルスそのものが細胞の中で増えるのを抑制するのが特徴。

タミフルが1日2回、5日間の服用が必要なのに対し、ゾフルーザは錠剤を1回飲めば済む。1回の服用量は体重や年齢で違うが、体重が10kg以上なら12歳以上の子供も服用できる。

薬の価格(医療保険適用前)は10ミリグラムが1,507.50円、20ミリグラムが2394.50円。成人および12歳以上の子ども(体重40kg以上)の場合、1回40ミリグラムを服用するので、4789円。新薬の加算がついているために、既存薬(タミフル)の5日分の総額(2830円※保険適用前)と比べると高い。自己負担が3割の医療保険の場合の自己負担額はタミフルが849円に対し、ゾフルーザはおよそ1436円。