特集
2018年04月04日 18時10分 JST | 更新 2018年04月04日 18時11分 JST

「生理用品はトイレットペーパーと同じ必需品」 ニューヨーク州の公立校で無償配布へ

2016年9月には、生理用品における州消費税が非課税となった。

monkeybusinessimages via Getty Images

アメリカ・ニューヨーク州の公立学校で、生理用品が女子生徒たちに無償提供されることになった。

同州のアンドリュー・クオモ知事が4月2日(現地時間)、Twitter上で発表した。

「ニューヨーク州の学校では今後、第6学年(小学校6年生)から第12学年(高校3年生)までの女子生徒に、トイレで無償の生理用品を提供します。

生理用品はトイレットペーパーや石鹸と同じくらいの必需品ですが、貧しい家庭では負担となってしまいます」

このツイートに賛同する声は多かった。

ニューヨーク州は以前から、生理用品の経済的負担軽減に積極的に取り組んできた。

2016年9月には、生理用品における州消費税が非課税となった

非課税の条例をおしすすめてきたリンダ・ローゼンタール下院議員は、2017年に「生理用品は嗜好品ではありません。生理は生物学的な現象であり、生理用品は必需品です」とプレスリリースで言及した。

ハフポストUS版の調査によると、生理にかかる一生分の費用は約206万円。この費用には、ピル、下着、タンポン、生理痛の薬、チョコレート、ナプキン、にきび薬、保湿グッズが含まれている。アメリカに比べると、日本はピルに使うお金は少ないかもしれないが、生理が家計の負担になっていることは確実だ。

生理用品が、いつの日かトイレットペーパーや石鹸と同等に扱われる日が日本にもくるのだろうか。

lbo

ハフポストでは、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp