seiri

「服屋として何ができるか」。ユニクロなどを運営するファーストリテイリングの柳井正会長は、この支援にあたりそう考えたと話した。
「全身真っ白な服を着て、(大会期間の)2週間の間に生理がこないよう祈らなければならないことに、精神的なストレスがかかることは言うまでもない」。選手らが精神的な負担感を訴えていました
大王製紙の「奨学ナプキン」プロジェクトでは、生理用品の入手に困っている学生にナプキンを無償提供。対象者からは、困ったときの対処法や学校生活での具体的な悩みなどが明らかに
投稿者のゆきさんは「素敵な乗務員さんへの沢山の“いいね”が、ご本人や、同じように親切にしてくださった方に届くといいなと思います」と話しました。
思い出すのもつらい、初潮の経験。私はこれまで、社会に残る「生理は恥ずかしいもの」という考えにとらわれていました
「私の経験が、誰かが後悔のない人生を送れるきっかけになればと願っています」
『セイント・フランシス』で主演・脚本を務めたケリー・オサリヴァンが、「100%の確信で中絶を決める」女性の物語を描いた理由。
2021年11月号『りぼん』の付録として大きな話題を呼んだ「生理カンペキBOOK」。オンライン公開に込めた思いなどを聞きました。
地方自治体や教育機関は、ナプキンやタンポンなどの生理用品を無料で提供することが義務付けられます。政府による無料配布が国際的に広がる一方、日本は?
「生理痛のため配信を休む」と明かすサロメさんの姿に「知名度高い人がオープンに言ってくれると生理痛のつらさが伝わりそうで有難い〜」といったコメントが寄せられています。