WORLD
2018年04月12日 11時22分 JST | 更新 2018年04月12日 11時23分 JST

大谷翔平選手の二刀流、コミッショナーも大絶賛「今の大リーグで最大のストーリー」

伝説の選手ベーブ・ルース以降、本格的な二刀流を成功させた選手はいない。

Ronald Martinez via Getty Images
ARLINGTON, TX - APRIL 10: Shohei Ohtani #17 of the Los Angeles Angels at Globe Life Park in Arlington on April 10, 2018 in Arlington, Texas. (Photo by Ronald Martinez/Getty Images)

アメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は4月11日、アーリントンでのレンジャーズ戦に「8番指名打者」で先発出場。2回の第1打席で、2アウト、一、二塁から先制点となるレフト前タイムリーヒットを放った。大リーグで左投手からの初安打となった。朝日新聞デジタルなどが報じた。

開幕後、打者として3試合連続ホームラン、投手として2連勝と、快進撃を続ける大谷。その大活躍に、大リーグのコミッショナーも手放しで賞賛している。

日刊スポーツによると、大リーグのマンフレッド・コミッショナーが11日、ロサンゼルスで取材に応じ、投打の「二刀流」で活躍する大谷選手について、「おそらく今の大リーグで最大のストーリー(物語)だ。素晴らしいデビューだ」などと称賛したという。

長いメジャーの歴史でも、伝説の選手ベーブ・ルース以降、本格的な二刀流を成功させた選手はいない。

マンフレッド・コミッショナーは、大谷の二刀流がリーグに与える影響について「多くの人々が刺激を受け、同じようにやってみようとする選手が出てくるかもしれない。違うことが起こるというのは、どのスポーツにとっても喜ばしい」と語った。