NEWS
2018年04月15日 16時38分 JST | 更新 2018年04月15日 19時00分 JST

目標とする先輩は「いたら辞めてないと思います」 渋谷すばる、苦笑しながら言い放つ

「この人になりたいのいうのは特にない。自分なりの表現をしていきたい」

渋谷すばる、ジャニー氏には2日前に報告 目標とする先輩は「いたら辞めてない」

 人気グループ・関ジャニ の渋谷すばるが15日、都内でメンバー6人(安田章大は欠席)で会見を開き、年内でジャニーズ事務所からの退社、グループからの脱退を発表した。海外を拠点にしての音楽活動専念のため、急転直下の脱退となったがジャニー喜多川社長への報告は2日前に電話で済ませたといい、「『そう決めた以上は応援するしかないので、頑張りなさい』」と対応を明かした。

 「この人になりたいのいうのは特にない。自分なりの表現をしていきたい」と話す渋谷は、ジャニーズ事務所のなかで目標とする先輩を聞かれるも「目標とする方がいたら、辞めてないと思います」と苦笑しながら言い放つ場面も。昨年解散した先輩・SMAPの影響や先輩に相談したかどうかについても「まったくないです」と自らが考えて出した決断であることを強調した。

 渋谷は1997年にジャニーズ事務所に入所、2005年に関ジャニ としてCDデビュー。シングル1位獲得作品数は35作 (※エイトレンジャー名義作品を含む)、5大ドームツアーを行う人気グループに成長してきた。そのなかでもメンバー随一の歌唱力を持つ渋谷は2015年ソロデビューを果たした。しかし、「35歳を過ぎたあたり」から音楽活動専念を考え始め、今年2月15日に脱退をメンバーに申し入れ。幾度となく説得や協議を重ねて、最終的な話し合いの期限を丸山隆平が出演する舞台の大阪公演から帰京する4月10日に設けたが、音楽活動に専念したいという想いは揺らぐことはなかったという。

【関連記事】