WORLD
2018年04月18日 11時14分 JST | 更新 2018年04月18日 11時14分 JST

スタバ8000店で人種差別研修 友人を待っていた黒人男性逮捕への批判を受けて

創業者のハワード・シュルツ氏「私たちは間違いから学びます」

EMPICS Entertainment
スターバックスのシンボルマーク

コーヒーチェーン大手の「スターバックス」は、全米8000以上の直営店で従業員に人種差別についての研修をすると4月17日(現地時間)に発表した

店舗内で知人を待っていた黒人男性2人が不法侵入の疑いで逮捕されたことに「人種差別」と批判が集まっていることを受けての措置だ。

同社の創業者で経営執行役会長のハワード・シュルツ氏は、次のように話している。

「私たちは間違いから学び、すべてのお客様に安全で心地よい環境を提供するという約束を再確認します」

5月29日午後、アメリカ国内の全ての直営店を一時的に閉店にした上で、約17万5000人の従業員に対して一斉に人権教育するという。

 

■「友達を待っていた」男性が逮捕された事件とは?

ハフポストUS版によると、4月12日に、アメリカ東部・フィラデルフィアの店舗で、注文しないまま知人を待っていた黒人男性2人が不法侵入の疑いで逮捕されたというものだ。

フィラデルフィア警察の話として「トイレを使わせてくれ」と言った2人に対して、「トイレはお金を払った客向けなので、出ていってくれ」と従業員が告げた。2人が従わなかったため、従業員が通報した。

現地で撮影された動画には、警官が逮捕理由を「不法侵入」だと告げ、それを聞いた別の客が「(逮捕は)差別だ」と抗議する姿が映っている。

動画がTwitterに投稿されたことで、スターバックスの対応は人種差別だとして、全米でボイコットを求める声が広がるなど批判が高まっていた。