WORLD
2018年04月27日 12時01分 JST | 更新 2018年04月27日 12時40分 JST

「新しい歴史はこれから。平和の時代」。金正恩氏が芳名録に記す。南北首脳会談を前に

融和ムードを印象付ける狙いか

Handout . / Reuters
談笑しながら歩く金正恩氏(左)と文在寅氏=4月27日、板門店

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は4月27日、韓国の文在寅大統領と会談する板門店韓国側の施設「平和の家」で、芳名録に「新しい歴史はこれから。平和の時代、歴史の出発点にて」と書き込んだ。南北会談の融和ムードを印象づける狙いがありそうだ。

金氏はこの日、北朝鮮と韓国を隔てる板門店の軍事境界線を徒歩で越え、韓国側に入った。

KOREA SUMMIT PRESS POOL via Getty Images
軍事境界線を歩いて越え、韓国側で文在寅大統領(右)と握手する北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長=4月27日、板門店

儀仗隊らによる歓迎の式典後、金氏は会談場所となった平和の家に入り、来館者らが署名する芳名録に記帳した。「新しい」「平和」などの文言が並んだ。

また、金氏はこれに先立ち、軍事境界線上でもいったん韓国側に入った後にも「サプライズ」を演出。文氏を促し、2人で手をつないだまま北朝鮮側に境界線を越えた。

Handout . / Reuters
手をつないだまま軍事境界線を越え、北朝鮮側に入る金正恩氏(左)と文在寅氏=板門店

長年対立を続けてきた両国の融和と会談の成功をアピールする狙いがあるとみられる。