NEWS
2018年05月04日 17時12分 JST | 更新 2018年05月04日 18時21分 JST

TOKIO山口達也問題、ジャニーズ事務所が被害者、山口元妻への「取材自粛」を要請

報道各社にFAXを送付

ジャニーズ事務所は5月4日、強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO・山口達也さんの問題で、マスコミ各社にFAXを送付し、被害者女性や山口さんの元妻らへの取材自粛を要請した。被害者の保護者がジャニーズを通じてコメントを送付。「どうかそっとしておいていただきたい」としている。

自社所属のアイドルが加害者である「性犯罪」問題で、所属事務所が被害者をはじめ関係者への取材を控えてほしいと求める事態になっている。

Huffpost

スポーツニッポンが公開したジャニーズ事務所からのFAXなどによると、取材自粛の理由は「被害者様とは示談が成立しており、被害者様、ならびに保護者様からも、未成年であるご本人に最大の配慮をしてほしいとご要望」ことをあげている。

山口さんを除いたTOKIO4人のメンバーは5月2日に記者会見を開き、長瀬智也さんから被害者を責めたり、特定したりしないでほしいとする呼びかけがあった。

ジャニーズ事務所は呼びかけ後も「被害者様、そのご家族など周辺の方々、また、山口が2016年8月に離婚し、すでに別の道を歩んでおられるご家族の方々への取材などが過熱している状況」にあるとして、「娘について、また関係する方々についても、どうかそっとしておいていただきたい」などする被害者の保護者からのコメントもマスコミ各社に送付した。

FAXでは最後に「改めて報道関係者の皆様には『被害者の方、被害者のご関係者の方、および山口の家族への取材自粛のお願い』をお願い申し上げます」と要望した。