WORLD
2018年05月17日 14時24分 JST | 更新 2018年05月17日 14時24分 JST

スタバのカップに「差別用語を書かれた」と写真投稿。アメリカで波紋

メキシコ系移民を差別する「ビーナー」という言葉が書かれていた。

アメリカのスターバックスで、また「人種差別」騒動が起きた。

「娘の同僚が、カップにこんなことを書かれた! とんでもない。スターバックスの従業員はヒドい!!!」

Facebook
「BEANER」という単語が書かれたスターバックスのカップ

コーヒーの紙カップの、本来だったら名前を書くべき部分に、メキシコ系移民を侮蔑する「Beaner(ビーナー)」という単語が書かれたと訴える投稿が5月15日、Facebookに投稿された。これを、ロサンゼルスのテレビ局が報道。全米に波紋を広げている。

この「ビーナー」という単語は、日本語に訳すと「豆を食べる人」という意味。メキシコ料理に豆を使うものが多いことから、メキシコ系移民を侮蔑するために使われる。

ペドロさんという男性が、地元テレビ局「FOX11」に対し、ロサンゼルスのスターバックスで、人種差別的な言葉を書かれたのは自分だと明かした。

そして、「傷ついた。ヒドい気分になったし、侮辱だと感じた」と話した。

コーヒーを注文し、名前を聞かれた。店員に「ペドロ」と呼ばれて受け取った。ところが、カップを見ると「ビーナー」と書かれていたのだという。

FOX11に対して、スターバックスの広報担当者は「これは明らかに、私たちの顧客が体験するべき内容ではありません。完全な調査を開始しています」と話したという。

 

■過去にも事件が...

アメリカのスターバックスでは、4月12日にもフィラデルフィアで人種差別とも取れる事件が起きていた。「差別だ」「なぜ逮捕するんだ?」と周囲から抗議の声が上がる中、店内にいた2人の黒人男性が、逮捕・連行されていく動画が拡散した。

スターバックスは謝罪し、全米8000以上の直営店で従業員に人種差別についての研修をすると4月17日に発表していた