WORLD
2018年06月12日 15時14分 JST | 更新 2018年06月12日 15時26分 JST

米朝首脳会談を「当事者」たちのTwitter投稿で迫ってみた。「署名する」の決定的動画も

「13秒間の歴史的握手」直前の様子もとらえていた。

Jonathan Ernst / Reuters
ワーキングランチ後、会談場所を散歩するアメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長=6月12日、シンガポール・セントーサ島

世界が注目した6月12日のアメリカと北朝鮮の首脳会談。トランプ大統領の側近ら、会談の「当事者」たちが相次いでTwitterで会談の模様を紹介した。

ソーシャルメディア時代を反映した彼らの「情報発信」から、米朝首脳会談に迫った。

トランプ大統領の補佐官でソーシャルメディアディレクターを務めるダン・スカビーノ氏は、自身のアカウントでトランプ氏と北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の「ファーストコンタクト」までの写真を複数投稿した。

シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで、両首脳が回廊を歩いて近づく様子や、「13秒間の歴史的な握手」の瞬間などが写っている。スカビーノ氏は「歴史」という言葉を添えた。

両首脳はその後、1対1の会談、側近らを交えた拡大会合、ワーキングランチと日程をこなしたが、スカビーノ氏はその都度、写真つきで投稿した。

スカビーノ氏は会談に先立ち、トランプ氏を乗せてシンガポールに向かう大統領専用機「エアフォースワン」の内部を写した貴重な写真も紹介している。

トランプ氏のサラ・ハッカビー・サンダース報道官は、両首脳による1対1の会談を見守る両国の要人らをとらえた写真などを投稿した。

1対1の会談を終えてバルコニーに姿を現した両首脳の姿も。

会談の「下準備」をしてきたポンペオ国務長官は、会談の会場に向かう自身の様子を投稿。

会談を間近で見守っている、という点では「関係者」と言えなくもないメディア。CNNのホワイトハウス「番記者」、ジム・アコスタ氏は、両首脳がワーキングランチの後、報道陣に近づく様子を動画で投稿した。

両首脳が何らかの合意文書に署名することを示唆した、「署名する」というトランプ氏の発言もとらえている。

そして、合意文書を署名するための机の設置状況や、両首脳が実際に合意文書を交換する様子も「速報」した。