NEWS
2018年07月14日 13時28分 JST | 更新 2018年07月16日 19時53分 JST

2歳の娘との性行為、13万円で売ろうとした母親に懲役40年【訂正あり】

人身売買などの罪に問われた結果だ

イメージ画像です。
spukkato via Getty Images
イメージ画像です。

2歳の娘とのセックスを1200ドル(約13万4000円)で売ろうとした25歳の女が7月12日、アメリカ・テキサス州のモンゴメリー郡裁判所で懲役40年の判決を受けた。人身売買などの罪に問われた結果だ。地元紙スター・テレグラムなどが報じた。

判決を受けたのは、同州ヒューストンに住むサラ・ピーターズ被告。モンゴメリー郡検察局の発表によると、児童虐待に取り組む捜査機関のジェリー・セラット刑事が2月、SNS上で架空の男性になりすまして、ピーターズ被告とやり取りした。

すると、「この女の子と一緒に楽しいことをしたい人はいない?」というメッセージとともに、2歳の娘の裸の写真をが送られてきたという。最終的にピーターズ被告は、娘とのセックスする権利を1200ドル(約13万4000円)で売ることになった。

刑事がなりすました男性と会うために2月22日に、約64キロ北にあるコンローの町まで、娘を連れて行こうとしたピーターズ被告。長距離バス会社「グレイハウンド」の停留所で逮捕され、娘は安全な場所に移された。

逮捕したのは児童に関わるインターネット犯罪調査チームのメンバーと、国土安全保障省の特別捜査官らだった。

【訂正】当初の記事で、翻訳ミスが4点ありました。

ピーターズ被告の投稿に、「テキサス州コンローに住む男が反応した」と書いていましたが、正しくは児童虐待に取り組む捜査機関のジェリー・セラット刑事が、捜査のためにSNS上でテキサス州コンローに住む男になりすましてやり取りしていました。

ピーターズ被告が「ネット上に『この女の子と一緒に楽しいことをしたい人はいない?』という文章と一緒に娘の写真を投稿」とありましたが、正しくは、セラット刑事がなりすました男に直接宛てたメッセージでした。

ピーターズ被告が「グレイハウンド駅で逮捕された」とあるのは、正確には長距離バス会社「グレイハウンド」の停留所です。

ピーターズ被告が「モンゴメリー郡刑務所に逮捕された」とありましたが、正確には国土安全保障省の特別捜査官らが逮捕しました。

(2018/07/16 19:40)