特集
2018年07月17日 15時25分 JST | 更新 2018年07月17日 15時25分 JST

「キラキラしてない生理のリアルを伝えたい」大学生が作った動画が共感を呼んだ

「生理の日に、楽しそうにしている人を見たことがありません」と彼女は言う。

あべ

生理特有の症状をポップなメッセージとメロディーに合わせ、ダンスとともに表現しているミュージックビデオがTwitterで話題だ。

7月13日にTwitterで流したところ、5万以上のリツイート、14万以上のいいね!がついた。この動画を作ったのは、京都の大学2年生、「あべ」さん。自身が出演もしている。この動画のねらいや経緯を聞いた。

歌詞

男性「もしもし、えー今月も?」

女性「すいません」

男性「それくらいコントロールしなよ。」

女性「すいません」

男性「月末の忙しい時にさ」

白いズボン履けない

甘いものが食べたい

小6にて生理と出会い

女性の平均閉経 50歳

耐えるぜ何十年も

朝起きたらベッドが殺人現場

汚れた下着を洗う虚しさ

頭痛 腹痛 腰痛 肌荒れ

常に眠いわ イライラとまらん

連続コンボの合わせ技

あぁ 乙女はいつも大変だけど

いつかあなたの子供生むため

言っちゃダメなことって 誰が決めたの?

キラキラと 頑張れ女の子!

きっかけは、ツイートと学校の課題

この動画は4月、大学の映像入門の授業で出た課題にあわせて作られた。テーマは自由で1分近い動画を作ること。

課題が出た時期と、「あべ」さんの生理がちょうど重なった。「あべ」さんは、生理からくる様々な変化にいつも困っている。倦怠感、イライラ、腹痛...。

中でもひどかったのは生理前のイライラだ。気が立ってピリピリしてしまい、家族にも気を遣われるほどだった。2018年1月、産婦人科に月経前症候群(PMS)の疑いがあると、ピルを処方してもらったが、完全に症状がなくなったわけではなかった。

この辛さを他の人にもわかってほしいと思った。

タイトルの「キラキラガールズデー」は、キラキラした従来の生理用品のCMのイメージを皮肉って名付けた。

その当時話題になっていたツイートも、ヒントになった。

「生理の日に、楽しそうにしている人を見たことがありません」とあべさんは言う。確かに、生理は本当は辛いのに、CMではキラキラしたシーンばかりが映る。あまりにも現実離れした映像では、周囲の理解をなかなか得られないのではないか。そう思って、仲良くしていた同級生に「課題でこんな動画作りたいねんけど〜」と軽く相談すると、2人とも「ええやん!」と快く受け入れてくれた。

できあがった動画は、「キラキラ」イメージの背後にある、生理の辛さを口にすることのタブーを打ち破った内容となった。「全体的にポップにしたのも、苦しんでいる女の子たちを応援したかったから。ポジティブな曲で人の心にとどめたかった」とあべさんは言う。

男性にも女性にも見て欲しい

同時に男性にも女性にもこの動画を見て欲しい、とあべさん。カフェでバイトをしていた時に、なかなか男性の上司に生理について話せなかった苦い経験がある。

共感する声も多い中、「いつかあなたの子供生むため」というフレーズへの批判もあった。「あなたの」子供ではなく、「私の」子供でいいのではないか。子供を産めない人に寛容ではないーーなどの意見もあった。「いろんな意見があっていいと思います」と、あべさんはいう。「動画をきっかけにして、痛みへの理解が広がれば」

ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。

女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。

みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen#もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp