NEWS
2018年08月12日 18時03分 JST | 更新 2018年08月12日 18時03分 JST

渋滞は「ここ」で起きる お盆ラッシュで知っておきたい高速渋滞の秘密

渋滞のメカニズムを知れば回避できるかも……?

高速道路の渋滞はどこで起きるのか。実は科学的な解明が進んでいる分野だ。8月13日〜15日にかけて高速のUターンラッシュはピークを迎えると予測されている。今年のラッシュを前に知っておきたい渋滞の秘密ーー。

時事通信

渋滞を3つに分類

NEXCO西日本がこんな研究成果をまとめている。まず、渋滞に3つにわけられる。

最も多く発生するのが、交通が集中することにより発生する「交通集中渋滞」。渋滞全体の3分の2弱がこのパターンになる。残りの2つが「工事渋滞」と「事故渋滞」だ。

交通集中渋滞は「ここ」で起きる

同社によると、最も多い交通集中渋滞のうち、実に6割近く(58%)が「ある場所」から起きていることがわかる。

下り坂から上り坂にさしかかる「サグ」部だ。

運転している人なら誰もが経験があるだろう。下り坂を下り、速度をを落としていたら気づかないうちに上り坂に差し掛かり、さらに速度が低下。後続の車と車間距離がつまっていく。その結果、次々と後続の車がブレーキを踏み、渋滞が起きるという。

これに続く渋滞発生エリアはトンネルの入り口だ。約20%がここで発生している。

これも多くの人が経験しそうだが「トンネル入り口部の暗がりや圧迫感により、一時的に速度が低下してしまう車」があり、同じように後続の車が次々とブレーキを踏み、渋滞が起きている。

インターチェンジの合流部も渋滞が起きやすい場所だ。約14%で、これは単純に「インターチェンジから流入する車の合流に伴い、一時的な交通容量の不足により渋滞が起こる」というもの。

この3つで実に90%以上を占めている。

渋滞は回避できるのか?

同社は渋滞回避のためにこんなことを勧めている。

渋滞を回避するには、渋滞が発生しやすい時間帯を避けてドライブすることがお勧めです。 ご出発前なら、渋滞予測情報(「料金経路検索サイト」、「渋滞予測カレンダー」)が参考になります