NEWS
2018年08月24日 11時07分 JST | 更新 2018年08月24日 12時27分 JST

映画「クレイジー・リッチ!」を見て、アジア系アメリカ人記者が涙した理由

出演者のほぼ全員がアジア系俳優。邦訳者は「黒人にとって『ブラックパンサー』が果たした役を、アジア人にとっては『クレイジー・リッチ・アジアン』が果たした」

出演者をアジア系俳優で固めたハリウッド映画「クレイジー・リッチ!」(9月28日日本公開・原題:Crazy Rich Asians)。「アジア系俳優を起用した映画は、収益を上げられないリスクがある」という説を覆し、全米で大ヒットしている。

自身のルーツへの万感の思いを抱きながら、この映画を見た記者がいた。ハフポストUS版の記者、キンバリー・ヤムさん。ヤムさんは、ハフポストUS版で「アジアンボイス」のカテゴリーを担当し、アジア系アメリカ人にまつわる問題を主に取材している。

映画をみながら「どういうわけか、涙が止まらない」などと綴ったヤムさんのツイートが、Twitterで広く共感を呼んでいる。

ヤムさんの一連のツイートが「胸にグッときた」と、全文を日本語に翻訳したkai357さんは「黒人にとって『ブラックパンサー』が果たした役を、アジア人にとっては『クレイジー・リッチ・アジアン』が果たしたんだろうな」と、自身のブログで述べている。

kai357さんの許可を得て、ヤムさんのツイートの日本語訳を紹介する。

■「中国人でなんかいたくない」

ヤムさんのツイートは、8歳の子どもが、中国人に対する周囲のまなざしに直面し、自分のアイデンティティーを受け入れられなくなる場面から描き出す。

8歳。クラスで中華料理を頼んだとき、あなたの父親が配達に来た。学校で父親に会えて、あなたはとても嬉しかった。だって、彼はあなたのヒーローだから。でも他の子たちにとっては違ったらしい。みんな父親の訛りを真似て、笑いものにした。あなたは思う。中国人でなんかいたくない。

■アジア系の自分の顔が嫌い

ツイートは、日常にある、アジア系への蔑視を浮き彫りにしていく。その中で、ますます自信を喪失する子ども。

9歳。バレエ合宿で、他の女の子があなたを『大嫌い』だと言ってたよ、と告げられる。だって、あなたの目は『醜い形』をしてるんだもの。なぜその言葉に傷ついたのか、あなたは上手く説明できない。でも、はっきりとアジア系である自分の顔が嫌いになり、あなたは思う。中国人でなんかいたくない。

16歳。ハロウィーンのとき、同級生ふたりが『アジア人の観光客』に扮して学校に来た。目をセロテープでつりあげ、カメラを首に下げ、ピースサインをして。あなたは居心地が悪かったけれど、教師にこの格好は侮辱的なものかと聞かれ、そんなことはないと答えた。お堅いやつだと思われたくなかったから。そしてクラスのみんなと一緒になって笑った。あなたは思う。中国人でなんかいたくない。

■ほかのアジア系学生との出会いが自分を変えた

転機が訪れる。アジア系学生たちとの出会いだ。

17歳。大学に進学して、他のアジア人学生に出会う。彼らは、あなたと違い、みんな自分に誇りを持っている。とある男の子に、なぜ母語を話さないのかと聞かれた。なぜあなたの好物はグリルドチーズで、小籠包じゃないのかと。あなたは答える。私の家族はそういう感じじゃないから。

けれど、あなたは知っている。ずいぶん前に、自国の文化を捨ててしまったことを。中国語を話すことを拒否し、母親が作ってくれた料理を『まずくて気色悪い』と言ってしまったことを。サイテーだ。そこであなたは気づく。嫌っていた自分の何もかもを、取り戻さなくては。あなたは、初めて思う。中国人でいたい。

■「自分」を取り戻す

20歳。あれから数年、あなたは「自分」を取り戻そうとしてきた。名字を刺青にしていれた。漢字の文字が、肌に永遠に残るように。子供のころのような思いを、もう二度と、誰にもさせられてたまるものか。あなたは思う。中国人でよかった。

そんな道をたどってきた彼女が、「 クレイジー・リッチ!」を見て思ったこと。

25歳。キャストの全員がアジア人という映画を試写会で見て、どういうわけか、涙が止まらない。あなたは、ハリウッドでこんなキャスティングの映画を見たことがなかった。誰もかれもがうつくしい。あなたは思う。中国人で本当に幸せだ。