NEWS
2018年08月27日 17時04分 JST | 更新 2018年08月27日 17時04分 JST

カラシニコフ社が電気自動車を発表。「革命的にエッジの効いたスーパーカー」

水色のレトロ調が持ち味。

Marina Lystseva via Getty Images
カラシニコフが発表した電気自動車「CV-1」

自動小銃を製造していることで知られるロシアの銃器メーカー、カラシニコフが、開発中の電気自動車「CV-1」を発表した。

Marina Lystseva/TASS

明るい水色の車体だが、従来の電気自動車が打ち出している未来感のあるデザインではなく、重厚感のあるレトロなデザインが持ち味だ。

BBCによると、同社は1970年代の旧ソ連時代の乗用車のデザインにインスパイアされ、「革命的にエッジの効いたスーパーカー」と位置づけ、「テスラのような電気自動車の世界ランクにたてる」技術を組み合わせた複雑なシステムを使っていると説明しているという。

Marina Lystseva/TASS

開発がすすめば、CV-1は同社が製造している電気自動車より数倍の最高速度に達するほか、1度の充電で350キロ走れる見通しだという。

Twitterでは「なかなかユニークなスタイル」「溢れるソ連感が堪らん」などの感想があがっている。