soren

皇居は黒く塗りつぶされ、“戦略的重要目標物”に指定されていた。その目的とは...
ビクトル・ツォイはロシア人にとって英雄だった
スターリンの死やソ連崩壊も「目撃」した歴史の生き証人だ
ロシアのサーカス団が技を披露するボリショイサーカスが今年も各地で開かれている。ロシアのサーカスの歴史をたどると、源流はかつて海を渡った日本の大道芸人に行き着く。
死後90年以上たった今も展示されている革命家ウラジーミル・レーニンの遺体。保存の継続か、埋葬か。揺れるロシア人の思いを、1人の日本人芸術家が語る。
北朝鮮の「舞台裏」を隠し撮りし、各国で話題となったドキュメンタリー映画「太陽の下で-真実の北朝鮮-」が21日から全国公開される。ヴィタリー・マンスキー監督にインタビューした。
ロシア南部ソチからシリアに向かっていたロシア軍所属の旅客機が12月25日、黒海に墜落した。
1991年に社会主義のソ連が崩壊、新生ロシア連邦の誕生から四半世紀の間にロシアにどんな変化が起きたのだろう。
共産主義の理想を求めて闘った亡命者たちは、大半が祖国に帰らず生涯を終えた。
北恵庭駐屯地の第72戦車連隊といいますと、ある軍人を思い出します。皆さん、池田末男という人をご存じですか?
8月9日午前2時47分、南太平洋のテニアン北飛行場を、プルトニウム239爆弾「ファットマン」を積んだ爆撃機B-29「ボックス・カー」が離陸した。屋久島を経て午前9時44分、小倉上空に到達した。
モスクワは8月8日午後5時(日本時間午後11時)。日本の佐藤尚武・駐ソ大使は、ソ連のモロトフ外相と向き合っていた。
戦争の勝者が定着させた公的史観の修正は、容易ではない。ましてベトナムのように、南北の一方が他方を制圧、統一後に共産党の一党体制下に置かれた国家ならなおさらだ。
カザフスタン南部の砂漠にある宇宙ロケット発射基地「バイコヌール宇宙基地」には、旧ソ連時代に使われていた古い宇宙船が長年にわたって放置されている。その姿をロシア人の写真家ラルフ・ミレブズ氏が撮影した。
緒方用光(もちみつ)さん。1924年2月11日、神奈川県藤沢市宿生まれ。現在91歳。映画配給会社、九州シネマ・エンタープライズ(福岡市)現役社長。前九州ヘラルド社長。最初に入社したのは満州映画協会(満映)だった。