NEWS
2018年09月13日 12時18分 JST | 更新 2018年09月14日 09時46分 JST

大坂なおみ、あのブーイングの時にセリーナ・ウィリアムズが耳元でささやいた言葉を明かす

表彰式の印象的な一場面。米人気番組で語りました。

テニス・全米オープンで優勝した大坂なおみ選手。アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋」に出演(現地時間・9月12日放送)し、ブーイングが起きた決勝戦について語った。

セリーナ・ウィリアムズを相手に戦った決勝戦では、ウィリアムズが審判への暴言でペナルティーや罰金を科され、そのことに不満を持った観客が表彰式でブーイングする異例の事態になった。

大坂は試合に集中するために、試合中のウィリアムズと審判の激しいやり取りはあえて見ないようにしていたという。

しかし表彰式では、会場のブーイングにうつむいて涙をこらえる場面があった。

Tim Clayton - Corbis via Getty Images

その時、ウィリアムズが大坂の肩を抱き寄せて何かささやいた。「あの時何て言われたの」と司会者のエレン・デジェネレスに聞かれた大坂は、ウィリアムズとのやり取りについて明かした。

「彼女は私に、あなたのことを誇りに思う、と言ってくれました。そして、ブーイングはあなたに向けられたものじゃないから、とも言ってくれた。すごく嬉しかったです」

「あの時は、私に向かってブーイングしているんだと思っていたんです。すごく音が大きくて、何が起きているのかわからなかったから。少ししんどかった」

USA Today Sports / Reuters
憧れのウィリアムズと抱き合う大坂

人気司会者のエレン・デジェネレスを前に、「本物のあなたが目の前にいるなんて、すごく変な感じ」と少し緊張した様子も見せた大坂だが、一緒に自撮りするなど、出演を楽しんでいるようだった。

優勝金はどうするの?と聞かれると、「自分のものより、両親に何か買いたい」と答え、「正解を答えたね」とからかわれる場面もあった。