BREAK THE SILENCE
2019年01月19日 11時28分 JST | 更新 2019年01月19日 11時53分 JST

記者からのセクハラ質問に驚きの切り返し 独サッカー男子チームを率いる女性コーチ 

更衣室に入る時は、選手にパンツを履いておくように指導しているのか? の問いに…

El HuffPost
BVクロッペンブルクのImke Wubbenhorstコーチ

ドイツ・男子サッカー5部リーグのBVクロッペンブルクの女性コーチが、記者のセクハラまがいの質問に対して驚きの切り返しをしたとドイツ紙「WELT」に明かしたと複数の海外メディアが報じた。

彼女はドイツの上位5部リーグで史上初めて、女性としてコーチに就任した人物だ。12月のチーム参加以来、5部への残留をかけてチームを指揮している。

男性チームを指導する彼女に向けられたのが、彼女が更衣室に入る時はパンツを履いておくようにと選手たちに指導しているのか、というものだ。

このセクハラともとれる質問に、彼女は皮肉っぽく以下のように答えたという。

「もちろんそんな指導はしませんよ。私はプロです。選手たちをペニスの大きさで起用していますから」

残念ながら彼女に対する性差別的な反応は、これが初めてではない。

FOX SPORTSによると彼女のチームのアシスタントコーチが「女性のために(練習用の)三角コーンを拾う」ことを拒否したとしてすでに解雇されている。

こうした状況に彼女は「私のことを、男性か女性かではなく、運動面のパフォーマンスで評価して欲しい」といい「残り12試合、チームのリーグ残留をかけて厳しい戦いが続くが全力を尽くしたい」と意気込んだ。