NEWS
2019年01月29日 15時46分 JST | 更新 2019年01月29日 15時46分 JST

あさって31日(木)、関東で久々の雨? 東京都心で雪になる可能性も…

東京都心周辺などは積もったとしても芝生や土の上がうっすら白くなる程度

2019/01/29 11:08 ウェザーニュース

1月の降水量が極端に少ない関東平野で、31日(木)は久々の降水がありそうです。

本州南岸を通過する前線の影響で天気が崩れ、午後になると雨が降り出してきます。

夜遅くには雨のエリアが拡大。また、気温が低下することで、雪に変わるところがありそうです。

雪に変わりやすいのは深夜

ウェザーニュース
31日(木)24時の雨雲予想

最も雪のエリアが広くなりそうなのが31日(木)の深夜。房総半島の内陸から茨城県にかけてのエリアや、東京の多摩地方から神奈川西部などで雪に変わりそうです。

東京都心や横浜なども雨から雪に変わるタイミングがあるかもしれません。

都心は積もっても芝生にうっすら程度で影響なし

今の予想では、降水量がそれほど多くないことや、冷たい空気の流入が弱いため、東京都心周辺などは積もったとしても芝生や土の上がうっすら白くなる程度とみています。夜遅い時間帯ということもあるので、影響はほとんどなさそうです。

ただ、少し標高の高いところでは道路にうっすら積もる心配がありますので、車での移動には念のため滑り止めなどを用意しておくと良さそうです。

まだ予測モデルによって、降水のエリアにブレ幅があるため、できるだけ最新の情報をご確認ください。

>>この先の天気・気温の予想

関連記事

  • 網走で流氷接岸初日去年や平年より4日早い到来
  • 東北中心に積雪増加、会津若松など今冬一番の積雪に
  • 1月29日(火)帰宅時の天気夜は気温低下 日本海側の雪は落ち着く