【茎まで甘い】ブロッコリーは丸ごと「天ぷら」にするのが、おいしい新ルール!

鮮やかな緑色が料理やおべんとうの彩りの重宝するブロッコリー。
|

鮮やかな緑色が料理やおべんとうの彩りの重宝するブロッコリー。とはいえその存在はというと、彩りアップのための脇役扱いになってしまいがちです。今回はブロッコリーが主役! おいしさの魅力をぐぐっと引き出す調理法をご紹介します!

【ビタミン豊富なブロッコリーをまるごと味わいたい!】

おべんとうや肉料理、シチューなどで「ちょっと緑色が欲しいな」というときに便利なのがブロッコリー。鮮やかな緑色が入るだけで料理の色がぐっと引き立ち、おいしさ感もアップします。とはいえ、使われるのは彩り要員としてがほとんど。

特に料理やおべんとうのつけ合わせの場合は、ゆでるのみで味付けもドレッシングやソースまかせ。「ブロッコリー嫌い」という子供たちが多いのも、実はそんな味気なさが理由の1つだったりするのです。そんな脇役になりがちなブロッコリーですが、実は栄養満点。特にビタミンCは、グラムあたりの含有量がレモン以上なんです! ビタミンCは疲労回復や風邪予防などに効果的な栄養素。寒くなるこれからの季節、ブロッコリーはしっかりと摂りたい野菜の1つなんです。

【加熱することで甘くなる! 茎までおいしい「天ぷら」】

ブロッコリーが主役の料理といっても、ピンとこない人が多いのではないでしょうか? ゆでただけのブロッコリーは、くせがなく食べやすいものの正直それだけ。「ブロッコリーが食べたい!」と思わせるほどの情熱にはなかなか届かない、というのがこれまでの印象でした。そんな考えを一変させてしまう料理が「天ぷら」です!

高温で加熱することでブロッコリーの甘みがぐっとアップ!つくれぽ(みんなの作りましたフォトレポートのこと)でも「美味しくて驚きです!」「家族に大人気!取り合いでした。」「茎がまた甘くて美味!」と大好評!

注目したいのが茎まで「丸ごと」おいしく食べられるということ。つけ合わせでは、見た目のいい蕾の部分だけを使いがちですが、ブロッコリーの茎は蕾以上に栄養があるとも言われています。これからは「ブロッコリーは天ぷら」を、家族のおいしいルールにしてみてはいかがですか?(TEXT:田久晶子)

クックパッド編集部

◆クックパッドニュースの人気記事

◆クックパッドニュースについて

クックパッドニュースは日本最大200万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。

訂正の連絡はこちら