BLOG
2015年11月13日 15時12分 JST | 更新 2016年11月12日 19時12分 JST

カリッと香ばしい!おやつ感覚の「ごぼうチップス」で苦手克服!

元の記事はこちら

2015-11-12-1447331223-9659886-da64a9731d024948d61ea551963dc237.jpg

独特の風味がおいしい「ごぼう」。でも、子供にとっては、その風味こそが苦手の原因のよう。冬においしくなる「ごぼう」を子供たちにも楽しんでもらうために、おすすめなのが「揚げもの」。旬の野菜を楽しむテク、必見ですよ!

【「ごぼう」は「油」と相性がいい!】

食物繊維が豊富な「ごぼう」は、食事にどんどん取り入れたい野菜。特に冬にかけてはごぼうがおいしくなる季節。煮物などに加えれば、独特の風味がたまらない料理に仕上がります。とはいえ、子供たちにとっては、その風味こそが苦手の原因。「ごぼう」が入っているだけで、「嫌い〜」と残してしまう子も多いのでは? そこでおすすめなのが「ごぼう」と油の組み合わせ。「ごぼう」は油と相性抜群。組み合わせることでうまみが増し、独特の香りがなじんで食べやすくなるのです。ソーセージやベーコンといっしょに炒めてみれば、さらに子供の好きな味に。「ごぼう」を好きになるための第一歩として、「油」との組み合わせは試す価値あり! です。

簡単♡ごぼうandベーコンきんぴら♡ by ♥ゆみ♥


【おやつ感覚で好きになる! おすすめ「ごぼうチップス」】

パリッとおいしい「ポテトチップス」は子供たちが大好き。実は「ごぼう」も「チップス」にむいている野菜なのです。薄くスライスして揚げれば、カリッとした食感に。揚げることで香ばしさが増すので、独特の香りがマイルドになり、おやつ感覚で楽しめます。

パリパリごぼうの薄揚げチップス by noriran


子供用は塩味で、大人用はこしょうや七味をふってピリリと。好みに合わせて味付けすれば、さらに楽しみ方も広がります。

「好き嫌いは小さなきっかけから克服できることもあるんですよ」と語るのは、料理研究家の祐成二葉さん。苦手な野菜でも「野菜チップスなら食べられる」という子供は多いもの。「食べられた!」というきっかけさえあれば、「食わず嫌い」から抜け出すこともできるはず。「食べてくれない」と悩み過ぎずに、おいしく楽しく食べる方法を考えたいですね。(TEXT:田久晶子)

------------------------------------------

祐成二葉

2015-10-15-1444879257-2706605-e1eab429960b4e6689254850c94490bc.jpg

料理研究家。祐成陽子クッキングアートセミナー講師。雑誌やテレビなど幅広いジャンルで活躍。日常の家庭料理から世界の料理、お菓子まで、作りやすく華やかなレシピが人気。2008年に長男(hibi)を出産。 離乳食や様々なグッズ提案なども手がけている。

祐成陽子クッキングアートセミナー HPはこちら

クックパッド編集部

◆クックパッドニュースの人気記事

>>>【ママ必見】「子供の野菜嫌い」を克服するヒントとは?

>>>野菜をたっぷり食べたいなら「スープ」にするのが正解!

◆クックパッドニュースについて
クックパッドニュースは日本最大218万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。