BLOG
2016年07月21日 16時57分 JST | 更新 2017年07月20日 18時12分 JST

「いたみにくい」ポイントを押さえた【夏のお弁当】肉・野菜おかず8選

気温の上がる夏のお弁当作りは、いつも以上に中の食材がいたまないか気をつかうもの。

梅雨時期から夏の間は、食中毒が気になる季節。クックパッドのレシピから、この時期におすすめの、いたみにくいポイントを押さえたお弁当おかずを選びました。

気温の上がる夏のお弁当作りは、いつも以上に中の食材がいたまないか気をつかうもの。調理において気をつけたいポイントを押さえたら、作るおかずにも気をくばるとより一層効果的に。クックパッドで見つけた、夏におすすめの「お弁当おかず」を集めました。

お肉のおかず

生焼けの肉類を食べることは、食中毒を引き起こす原因に。中心部を75度で1分間以上加熱する必要があります。ハンバーグなどは半分に切って、火の通りを確認するなどといった工夫をしましょう。

お弁当に♬簡単♡ジューシー♪鶏のから揚げ by スズケンさんの嫁

野菜のおかず

水分の多い環境を好む食中毒の菌にとって、水気の多いおかずが入ったお弁当は好環境。野菜を使うなら、生よりも加熱して作るおかずがおすすめです。しっかり水分を飛ばしましょう。

ほうれん草とコーンのソテー(お弁当にも) by どんぴんたん

いつも作っているおかずも、味を濃くしたり、水分が出ないようかつお節をまぶす、など少し工夫をするとよりいいですよ。安心しておいしく食べられるお弁当作りに、ぜひ活かしてくださいね!

取材協力

東京都健康安全研究センター

クックパッド編集部

◆クックパッドニュースの人気記事

>>>夏の作りおきは「冷蔵庫保存」と「温めなおし」がカギだった!

>>>もっとも気をつけたい!「夏のお弁当」の衛生対策

◆クックパッドニュースについて

クックパッドニュースは日本最大243万品のレシピが集まるクックパッドから編集部が見つけた食や暮らしのトレンド情報をお届けします。