メディアと表現
2019年08月02日 16時19分 JST | 更新 2019年08月02日 16時22分 JST

あいちトリエンナーレが「安倍首相をハイヒールで踏む作品を展示」というデマ情報が拡散

「表現の不自由展・その後」に展示されているという情報がネット上で拡散しましたが、実際には展示されていません。

Twitter/n_takekawa
竹川宣彰さんの作品「Eat this sushi, you piece of shit」。ネット上では「あいちトリエンナーレ」の出展作というデマが広がっていた。(本人のTwitterより)

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に展示されているとしてネット上で炎上している作品が、実際には展示されていないことが分かった。

■あいちトリエンナーレの展示をめぐって波紋

愛知県を舞台に8月1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」は2010年に始まった。4回目となる今回は、ジャーナリストの津田大介さんが芸術監督を務め、「情の時代」をテーマに掲げている。

目玉の一つである企画展「表現の不自由展・その後」は、愛知芸術文化センター(名古屋市東区)で開かれており、様々な理由で表現の場を奪われたという20数点の作品が展示されている

韓国人彫刻家が「元慰安婦の苦痛を記憶する」ための象徴として手がけた、「平和の少女像」をめぐって、名古屋市の河村たかし市長は「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの」として、作品の展示を即刻中止するよう愛知県知事に求めると発表するなど波紋が広がっている。

 

■「ハイヒールで安倍首相を踏みつける」作品とは?

「表現の不自由展・その後」では、安倍晋三首相と菅義偉官房長官とみられる人物を、ハイヒールで踏みつけるオブジェが展示されているとしてネットユーザーが写真を投稿。

しかし、「あいちトリエンナーレ」の芸術監督を務める津田大介さんは8月2日、公式Twitterを更新。該当する作品について「今回の展示、そして今回と過去のあいちトリエンナーレに出品されたものではないのでご注意ください」と注意喚起した。

■2017年に香港の展覧会で展示していた

ハフポスト日本版が調査したところ、ハイヒールの作品は竹川宣彰さんの「Eat this sushi, you piece of shit」だと分かった。

竹川さんの公式サイトによると、2017年7月に香港で開かれた展覧会「 Beyond Freedom」で展示されたという。

香港のニュースサイト「arts-news」では当時、「本人がドラッグクイーンをしたときのハイヒールが、陶器製の安倍首相と菅官房長官の口の中を踏んでいる」と解説していた

竹川さんは、「あいちトリエンナーレ2016」の参加者だが、この作品は展示していない。

「あいちトリエンナーレ」の出展作品への非難に対して、竹川さんが公式Twitterで2017年7月に「こっちの方がもっと下手くそかな?」と作品の写真を投稿していた。これが、勘違いされてネット上に広まったようだ。