aichitoriennare

2019年、日本は「表現の自由」に揺れた。日本人が自ら規制し、表現の自由の萎縮を生んでいる「見えない何か」の正体とは? 『春画と日本人』が私たちに語りかけるもの。
あいちトリエンナーレの表現の不自由展の文化庁補助金問題やオーストリアの大使館公認取り消し。立憲民主党が憲法調査会でアーティストや彫刻家らを招いて話し合った。
不確定な曖昧さが生み出す揺らぎや余白を通じてこそ、新しい価値を作り出すことができるのではないでしょうか。
「『あいちトリエンナーレ』関連ツイートを見ると、炎上に関連してツイートしているのは元々特定の主張がある人たちが、それまでと同じような主張を繰り返しているようだ」(東京大学大学院・鳥海不二夫准教授)
今後心に留めておきたい「対話における3つのポイント」が見つかった。
「多様性を認め、穏やかにお互いの尊厳を尊重し合いながら議論すべきだ」と言いたいところなのだが、それができない。
"クソリプ"時代の「#表現のこれから」について考えるために、3つのアクションに取り組みます。
「10万筆という国民の声を受け取るにはあまりにも敬意を欠いていた対応ではないか」アーティストらは文化庁の対応を非難した。
この日、文化庁前では不交付決定に対する抗議が行われ、午後には約10万筆の署名を提出する予定だった。