WORLD
2019年04月19日 11時08分 JST

蜂による「セックス」動画を世界最大のアダルトサイトが特集 その理由が深かった

アダルト俳優のアフレコも...これは見てみたい。

世界最大のアダルトサイト、ポルノハブが4月16日、世界で減少しているハチを救う「BEESEXUAL(ビーセクシュアル)」キャンペーンを開始した。

「ビーセクシュアル」(Beeの「ハチ」とBe「なろう」と、Sexual「性的に」の英語をかけている)は、ポルノハブの慈善事業部門であるポルノハブ・ケアズによる慈善キャンペーン。

ポルノハブのサイトは通常アダルト動画を配信しているが、今回キャンペーンの為に、ハチの採餌(蜂によって受粉が行われるため、ポルノハブはこれを「自然のポルノ」と呼ぶ)動画専門のサイトを開設。しかも普通のハチの採餌動画ではなく、有名なアダルト俳優らがアフレコを担当しており、視聴することでハチ保護団体への寄付になる。

キャンペーンサイトは「ハチは、殺虫剤や生態系の多様性、生息地の破壊によって急速に世界から姿を消している。花粉を運んで草花や果樹木の繁殖を助けるハチの減少は、植物の存続や私たちの食料にも関わる重大な問題である」と述べ、今回の慈善活動の背景を明かした。

ビーセクシュアルで動画を見る他にも、ハチが飲めるように窓辺に水を置いてあげたり、ハチが食べられるように庭の雑草をそのままにしておくなどで、ハチの保護の手助けをする事ができるという。

ポルノハブ・ケアズは、今までも視聴覚者向けのアダルト動画や、高齢者向けの性教育ビデオの製作、乳がん研究や動物保護団体への寄付など、積極的に社会貢献をしている。