WORLD
2021年06月30日 16時16分 JST | 更新 2021年06月30日 16時45分 JST

「大谷さんのためにダンスしてるの?」大谷翔平選手に向けた珍投法が衝撃的(動画)

大谷選手の3打席連続ホームランを阻止するため、ヤンキースのネストル・コルテス・ジュニア選手が奇策を放ちました。

mlb.com
大谷翔平選手(左)とネストル・コルテス・ジュニア選手(大リーグ公式サイトより)

まさかの2打席連続ホームラン。勢いに乗る大谷翔平選手を止めるために、相手チームの投手が一計を案じた。それは、世界の野球ファンもびっくりの奇策だった。

日本時間6月30日、アメリカ・ニューヨークで開かれた大リーグの試合。エンゼルスの大谷選手は第2打席で27号、第3打席で28号と、2打席連続でホームランを放った

ここはヤンキースの地元。大谷選手の3打席連続ホームランは、何としても避けなくてはいけない。ピッチャーマウンドに立ったネストル・コルテス・ジュニア選手は奇策に打って出た。

 

7回の大谷選手の第4打席。コルテス選手は空振りを奪った後、足を数秒間にわたってカクカクさせるも、一向に投げない。ようやく右足を上げるも、そのままフラフラさせて「どうしようかなぁ」と言わんばかりに時間を稼いだ。さすがに審判からボークを宣告されて仕切り直しになった。

珍妙なフェイントに思わず、大谷選手も苦笑。SNS上では動画が拡散した。野球ファンの笑いを誘うとともに以下のような声が出た。

「コルテスは大谷をアウトにするためなら、文字通り何でもしようとするね」

「大谷さんのためにダンスしてるの?」

「マウンドにいるんだからボールを投げてよ」