ビジネスが作る未来
2019年11月21日 16時24分 JST | 更新 2019年11月22日 16時32分 JST

「ダイバーシティに関して、社内で理解が進まない・・・」LGBTQへの取り組みから考えるD&I【イベント】

「企業のD&Iを1から考える」イベント第2回目。12月5日(木)に開催します。

2019年12月5日(木)に開催する第2回のテーマは「LGBTQへの取り組みから学ぶダイバーシティ&インクルージョン」です。

Thomas Barwick via Getty Images

電通が2018年に6万人へ行なった調査によると、「あなたの割り当てられた性別はなんですか?」「あなたは自分をどのような性別だと思いますか?」「恋愛対象の性別を教えてください」といった質問に対し、11人に1人(8.9%)がLGBTQ層だと分かりました。これは左利きの人の割合とほぼ同じだといいます。

性別が男・女だけに認識される時代は終わり、私たち一人ひとりが違うように、「性」も多様であるという理解が進みつつあるように感じます。

こうした社会の理解に伴い、2016年には職場におけるLGBTQへの取り組みの評価指標「PRIDE指標」も策定され、いまや多くの日本企業が「LGBTQの人々が自分らしく働ける職場づくり」に取り組んでいます。

企業におけるLGBTQへの取り組みを考えることは、D&Iを考える上でも大切なことです。

D&Iとは、多様性(Diversity)を認めるだけにとどまらず、一人ひとりの「違い」を組織に活かすこと(Inclusion)。

これまでの日本の企業のダイバーシティへの取り組みは「女性活躍」や「障がい者雇用」など、あるカテゴリーの人たちへのエンパワーメントに限定されがちでした。しかし実際は、カテゴリーに属する人々の中にも多様性があり、社員一人ひとりが「違う」存在です。

LGBTQの人たちも、一人ひとりが「違う」存在です。

LGBTQの人たちが働きやすい会社を考えることは、全ての人が働きやすい会社を考えることになるのではないでしょうか。

でも、企業でLGBTQの人たちの取り組みをするには、まだまだ壁が多いという現実もあると思います。

企業へのD&Iアンケートから見えてきたのは「浸透」への課題

ハフポストが10月に行なったD&Iに関するアンケート調査では、多くの企業がD&Iの「社内での浸透」に課題を抱えていることがわかりました。

この結果を踏まえ、今回のイベントでは「D&Iを社内で浸透させるためのHow-To」を、専門家、そしてD&Iに先進的に取り組む企業から学びます。「どうしたら社員、経営層にD&Iの重要性を理解してもらえるか」「社員の意識を変えるには具体的に何をしたらいいか」。企業の現場が抱える課題をパネルディスカッション形式でゲストに聞いていきます。

ゲストは、企業のLGBTQに関する研修などに取り組むNPO法人「虹色ダイバーシティ」で代表を務める村木真紀さん、そしてLGBTQへの先進的な取り組みが高く評価されている企業です。

次の日から活かすことのできるD&Iのヒントをぜひ持ち帰ってください。

Getty Creative
Rainbow coloured flag and LGBT community demonstration with hearts. Sexuality and gender identity, sexual orientation, LGBT movement concept. Bright vibrant violet vector isolated illustration

イベント概要

日時

2019年12月5日(木)19:00-21:00 開場 18:45-

場所】ベライゾンメディア・ジャパン株式会社                 

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 Hulic南青山ビル 4階

参加費】無料

お申し込みURL】https://forms.gle/JTRh8Zsh5riTR2kC9

申し込み締め切り】2019年12月2日(月)正午

※先着順。

※定員を超えた時点で、応募は締め切らせていただきます。

定員】 30人

【ゲスト】NPO法人「虹色ダイバーシティ」代表・村木真紀さん、日本航空株式会社、株式会社ラッシュジャパン

【主催】ハフポスト日本版

【ファシリテーター】小笠原遥(ハフポスト日本版ニュースエディター)

・応募が多数の場合は、先着順となります。定員に達した時点で締め切りらせていただきます。

・イベント後、会場にて懇親会を行います。ご参加は任意です。

<ゲストプロフィール>

特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ代表
社会保険労務士
村木真紀さん

村木真紀さん

<プロフィール>
1974年茨城県生まれ。京都大学 総合人間学部 卒業。
日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て現職。LGBT当事者としての実感とコンサルタントとしての経験を活かして、LGBTに関する調査研究、社会教育活動を行っている。大手企業、 行政等で講演実績多数。
2015年「Googleインパクトチャレンジ賞」、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016 チェンジメーカー賞」、2016年「日経ソーシャルイニシアチブ大賞 新人賞」受賞。共著「職場のLGBT読本」、「トランスジェンダーと職場環境ハンドブック」。

 

日本航空株式会社
人財戦略部人財戦略グループ グループ長
百田 寛さん

百田 寛 さん

<プロフィール> 
1996年日本航空株式会社に入社。空港等の現場勤務を経て、本社部門での旅客制度企画、商品サービス企画等の業務および国内支店での販売業務に従事。
2016年4月に着任した人財本部ではワークスタイル変革や人事制度企画の担当を経て、2019年5月より現職に就任。JALの翼を支える一人一人の個性を価値創造につなげるため、人財戦略としてのダイバーシティ&インクルージョンの実現へ向けた各施策を推進している。

 

株式会社ラッシュジャパン
人事部部長
安田 雅彦さん

安田 雅彦さん
<プロフィール> 

1989年に大学卒業後、西友にて人事採用・教育訓練を担当、2001年よりグッチグループジャパンにて人事企画・能力開発など人事部門全般業務に従事。2008年よりジョンソン・エンド・ジョンソンにてHR Business Partnerを務め、組織人事やTalent Managementのフレーム運用、M&Aなどをリード。2013年にアストラゼネカへ転じた後に、2015年よりラッシュジャパンにて現職。

 
***
 

「企業のD&Iを1から考える」イベント第1回目の記事はこちら

 

「イベント前にD&Iについてもう少し知りたい」という方、是非「はふちゅーぶ」もご覧ください↓↓