ノーベル平和賞のロシア紙編集長が襲撃される。頭から赤いペンキをかけられた姿を投稿

政府に批判的な報道をしていた「ノーバヤ・ガゼータ」紙のドミトリー・ムラトフさんが襲撃を受けました。
赤いペンキが顔中にかかったドミトリー・ムラトフさんの自撮り(ノヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパのインスタグラムより)
赤いペンキが顔中にかかったドミトリー・ムラトフさんの自撮り(ノヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパのインスタグラムより)
Instagram/novaya_gazetaeu

2021年のノーベル平和賞受賞者であるロシアのドミトリー・ムラトフさんが4月7日、列車内で何者かに襲われた。ムラトフさんはモスクワからサマーラに向かう車内で赤いペンキをかけられた姿をSNSを通して発表。「目がひどく焼けるように痛みます」と訴えた。

ムラトフさんは、1993年に創刊されたロシア政府に批判的な新聞「ノーバヤ・ガゼータ」紙の編集長を95年から務めている。表現の自由を守るための闘いが認められ、2021年にノーベル平和賞を受賞した。ウクライナ侵攻後、同紙はロシア政府の圧力で3月28日で活動停止していた

ノヴァヤ・ガゼータの記者らは、4月7日に新プロジェクト「ノーバヤ・ガゼータ・ヨーロッパ」の発足を発表インスタグラムなどのSNSで、赤いペンキが顔中にかかったムラトフさんが自撮りした写真や、ペンキまみれになった車内の写真を掲載した。

その中で「彼らはペンキにアセトンを入れた。目がひどく焼けるように痛みます。モスクワからサマーラ行きの列車です。車全体から油のにおいがする。出発はすでに30分遅れています。体を洗ってみます」というムラトフさんの言葉を伝えた。

暴漢は「ムラトフ、これは息子たちのためのものだ 」と叫んだという。

ムラトフさんにかけられたペンキで真っ赤になった車内の写真(ノヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパのインスタグラムより)
ムラトフさんにかけられたペンキで真っ赤になった車内の写真(ノヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパのインスタグラムより)
Instagram/novaya_gazetaeu