ハフコレ編集部

生理の貧困の背景にあるものとは?生理用品のプロがおすすめする生理グッズ8選

ここ数年、聞く機会が増えてきた「生理の貧困」という言葉。その原因は経済的な問題だけではないようです。

生理用品を買うことができず、日常生活に支障をきたし、精神的にも追い詰められてしまっている人がいる...。それが近年問題になっている生理の貧困です。

どうしてそんなことが起きてしまうのか?どんな対策が必要なのか?生理用品マイスターとして活動している佐々木絵美さんに聞きました。

生理用品マイスターの佐々木絵美さん
Huffpost Japan
生理用品マイスターの佐々木絵美さん

いくら無償配布をしても足りない現状

ーー佐々木さんは生理用品の無料配布活動を行っているんですよね?

私は生理用品マイスターという肩書きで活動していますが、一般社団法人JOYの代表として「生理用品無料配布プロジェクト」を北海道で行っています。

そもそもはNHKの番組で生理の貧困を知り、私は雑貨店を営んでいたので店舗で生理用品の無料配布をしようと思ったんです。その旨をTwitterに投稿したところ、生理用品の寄付がたくさん集まりました。

そこで無料配布を始めたのですが、店舗が2階にあって靴をぬがなくてはいけない場所にあるせいで取りに来にくかったのか、または雑貨店に行って何も買わないで大丈夫なのかと思った人もいたのかもしれませんが、なかなか取りに来る人はいませんでした。

そこで、お店で買わなくてもいいし、生理用品を取りに来た人の顔もわからない状況で配布できるようにと考えて、店舗までの階段の途中に置くようにしました。それでも数人取りに来る程度...。一方で、ありがたいことに寄付で届く生理用品はどんどん増えていきました。それらを必要としている人の元に上手く届けられていない状況だったんです。

佐々木さんのもとに寄付で届いた生理用品の入った段ボールの山
Huffpost Japan
佐々木さんのもとに寄付で届いた生理用品の入った段ボールの山

そこで、私1人がボランティアで無料配布活動を行うのは限界があると感じて、一般社団法人化し、市議や町議の方にサポートしてもらい、公共施設などのトイレの個室に設置してもらうようにしました。

ーーなぜ個室に?トイレの入り口などではなく。

トイレの入り口だと生理用品を手にした時に「あ、あの人、ナプキンもらいに来たんだ。生理用品買えないんだ」って目で見られるのが嫌だなと感じさせてしまいます。それでは、本当に困っている人の元に渡らなくなってしまいますから。

ーー他にはどんな場所で配布を?

一般社団法人化してからは、教育委員会に掛け合って、市内の中学校、高校のトイレに無償提供の生理用品を置かせてもらっています。

また書店なら、中高生も来やすいということで函館蔦屋書店さんに月3〜4回、1回につき80〜100パック届けています。合計月に約400パックですね。女性トイレの全個室に清掃のタイミングで補充してもらっています。

また、40世帯が入居している母子ホームにも生理用品をお届けしているんです。ただ、本当は1世帯当たり月に5パックくらいは配布したいと思っているんですが、お届けできる数にどうしても限界が生じてしまう。

だから今は、2パックを2ヶ月に1回届けることしかできていない状況です。他にも、何らかの事情があって家に帰ることができない子どもたちのための自立援
助ホームに設置しています。そこにはなくなり次第随時持っていくことにしていて、月に1回か1.5ヶ月に1回、段ボールに1箱持って行っています。さらに、その時にホームにいる子どもの年齢や体型を把握した上で生理用品を持って行っています。だから毎回持っていくものが違うんですよね。

ーーたくさんの数ですね。それだけ生理用品がなくて困っている人が多いということですね。

これでも足りないくらいです。

無償提供の生理用品を届けにいく佐々木さん(左)
Huffpost Japan
無償提供の生理用品を届けにいく佐々木さん(左)

中高生が、深刻な問題を抱えている

ーー先ほどから中高生という言葉がよく出てきますが、生理の貧困は中高生世代で深刻だということなのでしょうか?

そうですね。経済的な問題で生理用品を買えない大人はもちろんいます。でも生理用品の無料配布の活動の中で聞く「生理用品が欲しい」という相談の声は圧倒的に中高生が多いんです。

ーーそれはどうしてでしょう?

家庭環境や親子関係が大きく影響しているからだと思います。例えば、経済的な問題はなくても、生理に関してだけネグレクトをされているという子が一定数います。親が、我が子が子どもから大人になる現実を認めたくない、「けがらわしい」と思ってしまう大人もいるようです。だから生理用品を買ってもらえない。

他にも、中高生は家で親が使っている生理用品を使う場合が多いのですが、中には素材が合わずに肌荒れを起こしてしまったり、生理不順などが原因の過多月経で親のナプキンでは漏れてしまい、学校に行けなくなったりしてしまう子もいます。親に違うナプキンを買って欲しいと言っても親は買ってくれず、でも子どもの力ではどうにもできない、そうして生理の貧困に陥ってしまいます。

高校生になると、お小遣い制で「その中から生理用品を買うように」と親から言われている子も多いです。生理が軽ければかかるお金を抑えることもできますが、生理が重いと夜用やショーツタイプの生理用品を買う必要に迫られます。それではお小遣いでは足りませんし、「じゃあアルバイトを」といっても、このコロナ禍でシフトに入れず困っている子が多いんです。

イメージ画像

ーー海外、例えばスコットランドでは生理用品が無償になっていたり、他にも課税率が下げられている国もあります。しかし、日本では生理用品は軽減税率の対象にすらなっていません。

一応、日本でも2021年の3月に国が「生理の貧困」に対応した女性用品の提供などに46億円を計上することを決定はしています。その予算を各自治体が使って生理の貧困対策に取り組んでいます。

函館市だと「つながり事業サポート」と言って生理用品の購入配布をするサポート事業が始まりました。でも結局、自治体の多くで行われているのは、相談窓口の増設です。また自治体によって形式は様々ですが、無料配布している生理用品を受け取るには申請手続きをしたカードや携帯画面を持って、自治体の窓口や支援センターに行かないといけないというのが現状です。

ーーそれでは、利用したくても利用しづらいという人たちが出てきてしまいますよね。特に中高生にとってはハードルが高いでしょう。

本当は海外のように生理用品を無償化や軽減税率の対象にしてくれればいいのだけれど...今の状況を見ていると何も変わらないのかな、と、感じてしまいます。

困っている人が無償配布の生理用品を取りに行きやすい方法、場所、周りの目を気にせずにサポートを受けられるようにするには何が必要なのかを、私たちのような団体が少しずつ発信していくしかないのかもしれません。継続的にやっていくしかないのかなと。しかも、生理用品を無償で渡すだけではなくて、その背景にある生理の貧困になってしまった原因を解決して、安心して生活できる基礎を作っていかなくてはいけないと思っています。

生理用品マイスター佐々木さんがおすすめする商品8選

普通のナプキンと合わせて使うことで吸収力のアップが見めるので、経人、ナプキンをえにくい環境下にある人は心強い一品。

1つ1つの包装ンパクトで手の中におさまるサイズのため、トイレに行くにもりの目がになりにくくなっています。トイレにそのまませるのも便利なポイントです。

茶色のパッージが大の特徴。生理用品というとンクや花柄のものがく、ジェンー的な観点から違和感をいている人も増えてきています。

でもこの茶色のパッケージ・小包装なら、生理用品のオプションを広げてくれます。パッージだけではなく、部分が他の品と比べめになっているのもポイント。のサタリーショショをくるっと包むようにして外側部分り付けるタイプが主流でしたが、のサタリーショ重構造になっていてが中にしまえるようになっています。からが見えないというリットがある一方、が大きいと中にしまいにくいというがあるんです。この品はめなのでになりにくいでしう。

活性炭消臭シート(消臭材) 使われていて、いがにならないという文句だったので「本当か?」と思って実際使ってました。

すると、月経時に下着いだ時に感じる特有ムワッと感が軽減されていて、いを嗅いでたところ、いはするけれど、他の品の使用時よりもないと感じました。生理時のいがになる人は一度使っててはいかがでしうか。

月経が大度が高い、にドッと出るなどの状を過多月経に悩むられた品です。用ナプキン5枚分吸収力 (※大王製紙新・素肌29cm」との比較 20163月時点)があるとわれています。

一般的ない日用や用に比べて高ですが、どうしても経れると困る日やに経日はこのクリクスを使い、その他の日はそれれの経血量にあったナプキンを使うなど、クリクスと他の生理用品を手に組合わせて使っててください。

スポーツをする人を想定して作られていることもあり、粘着面の粘着力が強く、ズレたりヨレにくい構造になっています。

薄型なのでスポーツをする人だけでなく、動きの多い仕事をしている人にもおすすめです。この後でご紹介するショーツと一緒に使うことでよりズレやヨレの防止が強化されます。

前述の「ソフSPORT」リーズから出ているサタリーショです。スポーをする人を想定し、通気性のいいシュ加工が施されています。

スポーをしても生理用品がズレにくい、れにくい、れにくくられているため、ちょっと段はりますが1枚持っていれば「ソフSPORT」以外のナプキンでもズレや漏れ軽減してくれて便利です。でボクサーパンツデザイン性も私は入っています。

日本ではプラスックのアプリションが付いているタイプのタンポンがいですが、このィにはプラスック部分がついていません。そのためィは吸収するとがるのです(プラスックが付いているタンポンはます)。

がることで、お風呂のような機たすので、れにくくなります。そして何と言っても、サイズがンパクト。災害対策のに1つ入れておくのもおすすめです。スパのさもおすすめポイントと言えるでしう。

まるでオムツのような状で、ギャザ部分もしっかりしているなど、経をしっかり吸収してらさない夫が施されています。すっりとお包むので、うしろれが不安な人は一度しててはいかがでしうか。他にも経い人、障などがあってナプキンなどをえることができない人、使用するのがおすすめです。

最近ではどんどん新しい商品が発売されています。いつも使っている生理用品を使けている人も、いろんな品を見て自分ったりのものを見つけてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。