seiriyohin

ここ数年、聞く機会が増えてきた「生理の貧困」という言葉。その原因は経済的な問題だけではないようです。
ハフコレ編集部
署名活動のきっかけは過去の辛い経験。東京都の対応策の課題を指摘しています。
男性3人が作ったピンクの手袋ピンキーグローブ。これって本当に必要…?
豊島区や北区、多摩市、兵庫県明石市など。自治体で生理用品を無料配布する動きが広がりはじめています。
若者グループが行ったアンケート調査では、若者の5人に1人が金銭的理由で生理用品の入手に苦労した経験があると回答している。
ファミリーマートは2021年内、生理用品を2%割引で販売。海外では、政府による無料配布や軽減税率導入などが実施されているが、日本ではそうした政策は行われていない。
「生理の貧困」をなくそうと、スコットランドで2020年、世界で初めて生理用品の無料提供を定めた法律が成立。同様の動きはニュージーランド、フランスなど海外で広がり始めている。
「必要とする全て人に、生理用品を無料で提供する世界で最初の国になります。女性たちや女の子たちのためになる重要な政策です」
「生理の貧困」は発展途上国だけでなく、格差が広がる先進国でも問題となっている。
青山ブックセンター本店で7月29日まで。性にまつわる“?”やジェンダーについて考える書籍も一緒にセレクトできます。
”月経の貧困”の撲滅が目的「タブーを崩すために社会的に取り組むアプローチが必要だ」
刑務所内で、生理中の女性たちは過酷な状況に置かれてきた。
ネパール議会は、月経中の女性を不浄な存在と見なして屋外の小屋に隔離する「チャウパディ」を犯罪として規制し、違反者に刑罰を課す法案を可決した。
女性労働者を取り巻く環境は大きく変化したが、重篤な月経痛や月経前症候群(PMS)に悩む女性たちは大勢いる。
ルワンダに住む少女によると、生理用品は貧しくて買えず、その代わり学校には生理用品が少し置いてあるそうです。でも、なんと先生が管理しているという...