「子どもがいるから仕事がうまくいくと言いたいんです」新垣結衣さんのセリフに共感広がる。ドラマ『風間公親─教場0─』で

転属届を突きつけた木村拓哉さん演じる鬼教官・風間公親もこれには何も返せなかった...SNSでは「気持ちがわかる」と共感の声。
俳優の新垣結衣さん
俳優の新垣結衣さん
時事通信社

俳優の木村拓哉さん主演で放送中のドラマ『風間公親─教場0─』。4月24日に放送された第3話で“あるセリフ”が話題となった。

それは新人刑事の隼田聖子役を演じた俳優の新垣結衣さんが、木村さん演じる指導官の風間公親に放った一言だった。SNSでは「気持ちがよくわかる」と共感の声が寄せられた。

(※ここから先の内容は一部で作品の内容(ネタバレを含む)に触れています。ご了承の上、お読みください)

「子どもがいるから...」

木村さんと新垣さんは同ドラマが初共演。指導教官と新人刑事という立場で「ある事件」と向き合った。新垣さんが演じる隼田は、幼い子どもを1人で育てるシングルマザー。仕事の途中で娘が体調を崩し自宅に戻るシーンなども描かれていた。

新垣さんは隼田の役どころについて「真面目。シングルマザーでありながら刑事として働く聖子を、しっかり表現できればと思っています」と公式インタビューで語っていた。

話題となったシーンは第3話の終盤。風間が隼田に「君にはここを辞めてもらう」と転属届を突きつける。同ドラマシリーズではお馴染みの光景だ。風間は「見込みがない者」と判断すると、届けを提出するように促す。

隼田はそれを受け、「仕事はやります。やらせてください」とまず懇願する。しかし、風間は「(話は)以上だ。私物をまとめて帰れ」と突き放す。

隼田が「子どもがいるせいにはしたくないです」と続けるも、風間は「(話が)聞こえないのか」と言葉を返す。

それでも隼田は引き下がらない。「子どもがいるから(仕事が)上手くいかないとは言いたくないです」と続けると、風間が隼田に近づく。

隼田は風間の存在に怯える中、「子どもがいるから仕事がうまくいくと、言いたいんです!」と風間の目を見て伝え切る。すると風間は隼田の目をしばらく見つめ、無言でその場を立ち去った。

緊迫のシーンにSNSでは「気持ちがよくわかる」「とても共感させられた」「ガッキーの演技に引き込まれた」「子どもを仕事の言い訳にしたくないよね」などと多くの反応が寄せられた。

 「私は警察を辞めます」

5月1日放送の第4話にも新垣さん演じる隼田は登場する。ある事件に対して向き合うが、予告映像では、風間から「家庭でどんなことがあったとしても、今は自分の気持ちを殺せ。君がやるべきことは犯人の逮捕だ」と諭される場面も。

さらに、隼田は「私は警察を辞めます」という風間に伝えるシーンもある。どんな展開になるのか注目される。

注目記事