「セクハラかどうかは言われた方に決めさせてもらえません?」長澤まさみさん主演ドラマ『エルピス』でのセリフに共感広がる

ドラマ『エルピス』で長澤まさみさん演じる浅川恵那が凛とした態度で言い放った言葉。「その通り」「名言だった」と反響が広がっている。
|
俳優の長澤まさみさん
俳優の長澤まさみさん
Pool via Getty Images

俳優の長澤まさみさん主演のドラマ『エルピス─希望、あるいは災い─』(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が11月28日に放送された。ドラマの終盤、長澤さん演じるアナウンサー役の浅川恵那が放った“一言”に大きな反響が寄せられた。

「セクハラかどうかは言われた方に決めさせてもらえませんかね?」

現実の社会で多くの人が悩まされ、今なお深刻な問題となっているセクシャルハラスメントに関し、テレビドラマという「フィクション」の世界で、痛快なセリフを通じて一石を投じたことが話題だ。改めて振り返る。

※ここから先はドラマのネタバレを含みます。ご承知の上、お読みください。

長澤さん演じる浅川恵那がぶちかました「ド正論」

長澤さん演じる大洋テレビアナウンサーの浅川恵那と眞栄田郷敦さん演じる岸本拓朗らがドラマの中で独自に取材している「八頭尾山連続殺人事件」の真相。

『エルピス』第6話では、事件に関する新たな重要証言を含むVTRが浅川が担当する情報バラエティ番組『フライデーボンボン』で放送される。

VTRの放送で視聴者の大きな反響を呼んだが、上層部の怒りを買い、その後の人事異動で岡部たかしさん演じる同番組プロデューサーの村井喬一は放送局の関連会社に、眞栄田郷敦さん演じる岸本は経理部にいわゆる“左遷”される。

その一方、長澤さん演じる浅川は元々自身が過去に担当していた報道番組『ニュース8』への復帰が決まる。浅川には過去の“スキャンダル”で同番組を降板した過去がある。

そのほか、鈴木亮平さん演じる報道局政治部官邸キャップの斎藤正一との交際関係が終わりを迎えるなど今回の物語の展開は大きかった。

反響があったのは終盤、浅川の『ニュース8』の担当(復帰)初日、番組プロデューサーから声をかけられた場面だった。

プロデューサーは浅川を前に、「出戻りを決めてやったのは俺だ」と権力と立場をちらつかせる。それに対し、浅川は「ありがとうございます」と冷静に対応。その上で、「大丈夫なんですか?私を起用して。(事件を取材した人を起用することで)大門副総理のご機嫌を損ねるんじゃないですか」などと追及。

するとプロデューサーは「そのことはフライデーボンボンの打ち切りで示しが付いてるんだよ。お前の起用(理由)は“視聴者対応”だよ。会社としても慎重にならざるを得なかったってことだ」などと返す。

プロデューサーはさらに浅川に圧をかける。「覚えとけよ。俺の下で、余計なことは死んでもさせないからな」と言い放つ。

これに対し浅川は「余計なことはしませんけど、必要だと思うことはやります。真実を伝えられないなら、キャスターなんてただの嘘つき人形です。覚悟はしてますから、ご都合悪ければいつでも、さっさと(番組から)降ろして頂いて結構です」と決意を伝えた。

浅川の決意に返す言葉が出てこなかったプロデューサーは「浅川も30を過ぎるとこんなに骨張ってくんだよ。ったく、“女の旬”ってのは短いもんだよなぁ。あっ、これセクハラじゃないから!」と躍起になった。

浅川はプロデューサーに詰め寄り、「セクハラかどうかは言われた方に決めさせてもらえませんかね?」とぶつける。今後の更なる波乱の展開を予感させるシーンでもあった。

///

6話でのプロデューサーに対する浅川の切り返しに、SNSでは「見ていて気持ち良くなった」「浅川よく言ってくれた」「セクハラかどうかは言われた側が決めること、その通り」「名言だった」などと反響が広がった。

セクシャルハラスメント(セクハラ)は、現実の社会で多くの人が悩まされている問題だ。同シーンはテレビドラマという「フィクション」の世界で、役者の“セリフ”を通して問題に一石を投じる形となった。

「冤罪」というテーマを扱う本作。今後の展開に注目だ。

ホームページへ