NEWS
2020年02月21日 18時30分 JST | 更新 2020年02月23日 10時03分 JST

「辞めてでも環境を変えなければ」中居正広さんジャニーズ事務所を退所【記者会見詳報】

タレントの中居正広さんが2月21日、都内で会見を開いて、ジャニーズ事務所を2020年3月いっぱいで退所することを発表した。

Kasane Nakamura / HuffPost Japan
会見に臨む中居正広さん

タレントの中居正広さんが2月21日、都内で会見を開いて、ジャニーズ事務所を2020年3月いっぱいで退所することを発表した。

中居さんは、2016年末に解散したSMAPでリーダーを務めていた。

都内の記者会見場。午後3時40分、スチールとムービーのカメラが呼ばれて会見場に入った瞬間、扉の内側に待ち構えていたのは中居さんだった。

中居さんは「どうもどうも」と言いながら、入ってくる取材陣としっかり目を合わせながら挨拶。

カメラに囲まれると「フラッシュの点滅にご注意ください」というフリップを取り出し、「僕1人ですから」と1人で仕切りながら午後4時の会見開始まで笑いを取り続けた。

そして、午後4時になると、記者会見を始めた。

 

退所までの経緯について

去年の春くらいに、会社の方とファーストコンタクトを取り始めたというか、話し合いを始めました。退社を考えておりますと。

1日も早くやめたいということでもなかったので、会社とは兼ね合いとタイミングを見計らいながらその日時を決めていきましょう、と話しました。それが、5月〜6月くらい。

その直後に、ジャニーさんが体調を崩して倒れてしまいました。その後で僕も話し合いを重ねようと思ったんですが、僕どころではないと。ジャニーさんが倒れてどういう風に容体が変化していくか見通しがつかない状態だったので、僕の話は置いておいて構わない状態でした。

そのあとジャニーさんが亡くなり、お葬式があり、夏から秋にかけてお話をしようと思ったんですけど、また誰かがやめるとか…、誰々が抜けるとかあって、バタバタしていて(笑)。

でもそのままだとやめられないなと。去年いっぱいとは考えていたんですけれども、解散して丸3年になりますので、このタイミングかなと思っていました。

でもジャニーズ事務所にしばらくいながら、準備してからかなと思って、伸ばし伸ばしになって、3月のタイミングになりました。それがここまでの経緯です。 


SMAP解散から退所に至る決断 

(SMAP)メンバーが解散したあとひと段落、一休みという時期だったと思います。僕自身ものんびりする時間があった。その中で、30年弱やっていましたから、燃え尽きじゃないですけれども…次のステップに進むにあたってどのような形がいいかなと。

20代30代のようにギラギラした感じは、解散してから湧き出てくるものなのかな、と思っていたんですけれども、時間が経てば自然に出てくるんじゃないかなと…。

それが、三ヶ月、半年たっても、意欲というか、「よし、次」というような感じにならなかったのかな…。それで1年たって2年たって、そろそろ考えなくてはいけないなと。

環境が変わったら湧き出てくるんじゃないかなと。湧き出てきたとしても一人で老舗の会社を辞めるわけですから、もしかしたらできないこともあるかもしれない。今までお世話になった会社をやめてでも環境を変えなければいけないなと思ったのが正直な要因の一つです。

何が正しいのか何が間違っているのか、決断がぶれていたんじゃないかとはこの3年繰り返し考えることはありました。

(どういうところを具体的に悩みましたか?)

今回は一人ですから。全部一人で背負わせてもらいながら。当時は5人ですから。5人の状況もありますし、感じていることもあります。その中で、僕の中では最良の決断だったんじゃないかと思います。

 

会社の登記は「親父の命日」

(完全な独立ですか?)

はい。会社がおとといできたんです。

(会社の名前は?)

言わなきゃダメですか…?おとといが親父の命日だったので、そこに合わせようと思って、おととい登記しました。あ、言わなきゃダメですね。「のんびりな会」です。 のんびりやっていこうかな、という思いも含まれているんじゃないかなと思います。

(会社と今後について)
会社には社員もマネージャーもいなくて僕一人。どこの傘下に入る、ということもない。

自分の描いている理想もない。理想があれば努力もするし不安も軽減されたりしますが、理想の形というのを全く描けていないので、やりたいことがあるとか、そういうのはないです。

でも、ホームページは作ったほうがいいんじゃないかって友達は言ってました。

でも今のマネージャーさんが引き続き窓口みたいにすることはできると言われている。

 

記者会見をした理由「だったら僕が一人で」

(SMAPは解散の時会見をやらなかった。今回会見をやったのは意味があるのでしょうか?)

FAXでいいんじゃないかと話していたんですけど、会見をしたほうがいいんじゃないかと。迷惑かけてしまうことでもありますし、憶測みたいなものも出てきてしまいますし、それを少しでも軽減できるならば。「だったら僕が一人で出てお喋りするのは構いません」ということで、出てきました。

 

SMAP解散「スマスマを見てないのか、見れないのかは今となっては分からない」

(フジテレビ系の番組「SMAP×SMAP」の最終回の時に「世界に一つだけの花」を歌って、指を折ってバイバイとやりましたね。あれはどんな意味があったのですか?)

スマスマの最終回は申し訳ないんですけど、見てないんですけども。見てないのか、見れないのかは今となっては分からないんですけど。

それ映ってましたか? 別に、何でしょう。ただ1、2、3、4、5、バイバイ!みたいな。

そんなに、深くないです(笑)。

 

事務所の反応は?

(ジャニーズ事務所からの引き留めは?)

そういうのは全然なかったです。

少しずつディスカッションしながら進めなくてはいけないことがありますので、ファーストコンタクトが5〜6月で、それ以降は話せる状況じゃなかったので。本当に、タイミングがいい時であればいいですよ、ということですね。引き留められなかったですね。何で引き留められなかったんでしょうね(笑)。

 

誰かに相談した?「自分一人で決めました」

(誰かに相談した?「新しい地図」の3人と話したのでしょうか?)

今回の決断はどなたにも、一人も相談しないで、自分一人で決めました。相談する方も、そんなに友達も人脈もないんですが、相談すると色々とありますし...。期待に応えられないかもしれないとか、懸念もあったので、自分で決めて。全て一人で決断しました。

(ジャニーズ他の人に報告した?)

僕より若い後輩もいるし、どの人に伝えてどの人に伝えないというのはちょっと難しい。後輩には一切お伝えしておりません。

報道番組の生放送をやっている後輩もいるんですけど、先輩がコメントを求められた時というのがあるので、少年隊の東山(紀之)さんにはお電話でお伝えしました。

(東山さんは、なんておっしゃいましたか?)

最初電話したんですけど、撮影中だったか、できなくて。

「そういう運びになったので直接お伝えしたい」と。

「お疲れさん、飯行こう。飯いけるか?いつ空いてる?」(と、東山さんが言った)。

あ...俺やらかした。

俺、TOKIOの城島(茂)くんに言ってない。城島くんにもお伝えくださいって言われてたんです。東くんが日曜日ですか。どうしよう。城島くん申し訳ない。城島くん、忘れてた!!もう東くんのことでいっぱいで。忘れてた。ごめんなさい!!

 

SMAPメンバーにはメールで伝えた「剛は…」

(木村さんに報告は?)

昨日4人には、メールでお伝えしました。

それぞれですけど、返事が遅くてこないメンバーもいれば、のんきな中身も…どんな内容か言いませんけれども、そんな感じかという返事もあれば。それぞれでした。

(ちょっとだけでも教えて)

いや「この人が」ってなっちゃうから、内容は言いにくいですけれども。

一ついうならば...うーん...。

剛は、なんか返事は1行くらいでした。(会場爆笑)

(何と書いてあった?)

言えないです。何だこれと(いう内容)。

そんなもんなんですよ! 昔からそんなにべったりでもないし、連絡したら返ってくるというわけでもないし。

でも昨日の夜、夕方くらいから伝えさせていただきました。

(何人から返事?)

半分くらいじゃないですか。半分くらい来て半分くらい来ないという。あとはご想像にお任せします。

 

 「会社の後押しだけでここまで来れた」

実力があるとか力がある人間でも、秀でたものがあるというわけでもない。ここまで押し上げていただいたのは会社のおかげですし。5万人の人の前で歌ったりとか...歌えないのに歌わせてもらったりとか。

運だけで、会社の後押しだけでここまで来れたと思っています。会社の力でここまでやって来れたというのもあるので、(事務所を)出るというのは、自分が試されることなんじゃないかなと思っています。

でもそれくらい、環境を変えなければならないと思った3年間です。

(感謝しているジャニーズ事務所の人はだれ?)

やっぱりジャニーさんじゃないですかね。そこは間違いないと思います。

(後輩たちにメッセージは?)

4人に対してとか、後輩に対してメッセージというのは、申し訳ないんですけど、カメラを通してというよりも、直接言えるものじゃないかなと思います。

(後悔はない?)

解散の時もそうでしたし、間違った判断をしてしまうことはあると思いますし...後悔する決断があってもいいんじゃないかなって。

後悔がないようにしなさいって、後悔がないように間違った選択をと言われますけど、時として、後悔と分かっていても飛び込まなくてはいけない瞬間っていうのは人生において一度や二度あってもいいんじゃないかなって、思えるようになったというか。

そこに足を踏み入れたらどうなるか分からないというのもあるけど、踏み入れる勇気というか。後悔を受け入れるというのも大事なんじゃないかなと思います。

 

 「新しい地図」との共演を「模索している」

(新しい地図と共演の可能性は?)

僕も30年の間、エンターテインメントの恵まれたど真ん中のことでやっていて、1%から99%の中で模索している。99%ダメかもしれないけど1%やったら何かあるかもしれない。1%あるかもしれなからそこにかけてみようと。

3人と共演する可能性も0とは言えない、その1%から99%の中にあるのは間違い無いと思います。

(共演したい思いはある?)

僕一人で決められることじゃ無いですから。僕が一緒にやろうと言っても「うるせーこのやろう」と言われるかもしれないし。「中居くんやろう」と言われたら僕が「うるせーこのやろう」と言うかもしれないし(笑)。僕が今後ね、キスマイ(Kis-My-Ft2)に入るかもしれないし。

1%〜99%の振り子の中で、可能性というのを模索しながら新しいことをやっていきたいと思っています。でも理想がまだないので。自分が何をやりたいのかもちょっとないので。今は山すらないから、環境を変えて山を探してみようかなと。それをできればいいなと思います。 

 

SMAP再結成「0ではない」

(新しい地図の活躍をどう見てる?)

みんな頑張っていると思います。自分たちの好きなことをやられているので、なんの心配もないと。

(SMAPの再結成はない?)

1%から99%の中にあるのは、あると思います。0ではないし100%とは言えない。それは、もちろん、一人でできることではないし。環境みんなそれぞれありますから...それはもちろんこう、話をするにしろ、重ねていかないとできないと思います。

100%ありませんよ、ということはないと思います。

(中居さんは「いつか」という気持ち?)

一人じゃないんですよね。待っている人、見ている人がいるからと言っても、その期待に全て答えられるわけではないですし。やっぱり5人ですし。環境がありますから、その兼ね合いを見計らいながら進めていかなければならないんじゃないかと思います。

 

「あの騒動を経験したことは貴重な経験」

(不仲報道もありました。ファンも困っていた。報道を見てどう思うか)

なんで知ってるんだろう?とは思いました。よくご存知で(笑)! 

……その当時の報道も見ていないですし、本当に「不仲」というものなのかも分かんないんですけど。まあまあ、不仲でいいんじゃないですか(笑)。だって、別にいいんですよ。本人たちが分かっていれば。恋人、家族でもそうでしょ?自分たちが分かっていればいいことであって。

あの騒動を経験したことは貴重な経験だなって。書かれていることは敏感に見ていたけれど、どんどん鈍感になっているというか。不仲でいいんじゃないですか?

(実際は?)

それは言わない。でも不仲って言われて、不仲って思っててもいいのかなって。一個一個違うっていうのもね。僕のこと悪く書かれても、それでいいですよ、って。そういうところまできちゃいましたね。

 

テレビの仕事は継続

(新しい地図は退所後なかなかテレビに出られない現状がある。中居さんはテレビは引き続き出られると思います。その違いについてどう思うか?)

僕は新しいことをやりたいという感じではないので、引き続き番組は継続させてもらいながら、だと思います。

でも3人も自分たちでネットなのか、広くマルチにやられているので、違いというのはあまり感じないですね。僕もテレビは終わってしまうものもありますし、まあ終わって、レギュラーが減り...というのも、そしたら、それまでのタレントだと思いますよ。

「そういえば最近中居くん見ないね」と、それは環境が変わってもあるかもしれない、と思いますけれども。

 

ファンへの思い 「感謝というか、申し訳ない」

(ファンへの思いは?)

こんな僕でも贔屓してくれた人、期待してくれた人...…感謝というか、申し訳ないなとは思いますね。

4年5年くらい前は、もうライブに行ったら半端じゃないんですよ。ツアーやるとなったらすごい人が。

あの子達...どこ行きました?

全く、見当たらない!びっくりしますね!(笑)

この3年間、ファンの方はどこに行ったのかなと。思いますね。

(いらっしゃるはずです。ファンの方にSMAPの曲を贈るとしたら何を贈りたい?)

いっぱいあるからわかんないな。世界...って言っちゃいけないんですか?

贈るっていってもね。

(聞いて欲しい曲でも)

ベタに、『ありがとう』とかになるんじゃないですかね。それだとつまんないか。

 

ファンの動き「耳にも目にも、気持ちにも届いてた」

(『世界に一つだけの花』のファンの購買運動もあった。それについてはどう?)

嬉しいですし、解散の時はなかなか、コメントを出しているわけじゃないんで、迷わせてしまっているというか...それは申し訳ないなという。ありがたいという思いと、申し訳ないなという思いが。

新聞でやっていたとか、リアクションはしていませんけれども、耳にも目にも、気持ちにもしっかり届いていました。

(ファンの気持ちは届いていた?)

はい。

 

「新しい地図」に合流の選択肢「なかった」

(「新しい地図」に合流という選択肢は?)

選択肢はなかったですね。一人でやってみようという。

それこそ、将来共演するなりなんなりというのは1から99%の中であるかもしれないですけれども。

でも、(退所した)3人がどういう気持ちだったのかというのは味わわなければならないとも思っていました。

(独立することでどんなメリットデメリットがあるか?)

僕の中で4月以降の理想が描けていない。これをやりたい、こういう可能性があるんじゃないかというのが、ギラギラした感じがないんです。

(ファンミーティングとかはやる予定はある?)

考えなければいけないとは思いますよね。でもお金取れないですしね..ファンクラブって優先なんでしょう?お金とったらチケット取れるとか、その答えに答えられないという風に思うし。

 

 SMAP解散に至る経緯「整理ができないという気持ちはありました」

(解散するときに退所を悩まれた? 3人と一緒に出ようという)

もちろん模索しました。残ることがいいのか、出るのがいいのか、一人で出たほうがいいのかって...。いろんなケースを考えましたよね。5人いて、いろんなディスカッションがある中で、ああいう風なそれぞれの決断だったということです。

(事務所を出ることに5人全員で合意したという報道もありましたが...)

なんの記事に載ってるかわからないですけど、いや、そういうのはなかったと思います。

(2016年1月に生放送で謝罪をしましたが、その時の中居さんの気持ちは?)

VTRも見てませんし...どんなコメントしたかもちょっと覚えてないんですけど。あのコメントのままだと思います。あれ以下でもあれ以上でもなく、あの瞬間のあのコメントが全てだと思います。なんて言ったか覚えてないですね。

(事務所がこれを読んでくれ、という感じではない?)

あれ、会社なのかな...それこそ、公式な発表なので、会社とフジテレビとの兼ね合いもあるでしょうし、僕らの気持ちも5人で集まって喋っているというか、個々の話を汲み取ってもらってああいうコメントになったと思います。

(やりたくないという気持ちはあった?)

整理ができないという気持ちはもちろんありましたよ。どれくらい伝わるのかなぁとか。早かったかなとか。でもとにかく騒動を抑えなくてはならない、というのはみんな感じていましたから。これがディスカッションした中での一番いいベストな状態なんだろうな、って思いながらやっていたと思います。

(あの場に出たことが解散の一因ではないのか?)

でも、解散って...。30年やっている中で、いくら仲良くたっていいところも悪いところもある。噛み合うところもあるし噛み合わないところもある。5人5様あったと思います。

 

木村拓哉さんへの思いは

(木村さんとは話した?)
全然ないですね。お会いすることもないですし、昨日収録していたら、「木村さんのライブ行ったんですね」って言われたんですよ。「やっぱいたんすねぇ」って言われたのですが...行ってないんです。

(木村さんだけ事務所に残ることになる。木村さんへの思いは)

芝居もやってますし歌もやってますし、色々素晴らしい活躍しているなと思います。

思いがあって伝えたいことは直接お話しするんじゃないかなと思います。

 

「SMAPの中居くんですかって今でも言われます」

(SMAPは今でも好きですか?)

あのね...解散して3年じゃないですか。昨日とかも、家電量販店にいたんですけど、「SMAPの中居くんですか」って今でも言われます。これはやっぱり不思議で。

解散した当初は、「そうです、こんにちは」って言ってましたけれど。

今でもなんの引っかかりもなく...。なんでだろう、わかんないですけど。

普通のおじさんとかおばちゃんとかも、若い人でも、「もしかしたらSMAPの中居さんですか」と言いますので。まだしばらくSMAPの中居くんなのかな、って思いますね。

(その時に、どういうふうに感じられたのでしょうか?)

全然、SMAPの中居くんでいいですよ、って感じですよ。

8割9割くらい、SMAPの中居くんだって言うので。否定することもないですし、「解散したんだよ!」とか言うわけでもないし。(笑)ずっとそれで生活してきたわけですから。違和感もないですよね。