「こんな可愛いシーン、見たことない」スーパーボウル進出を決めた父親の会見を少女がジャック(動画)

アメフトの最高峰「スーパーボウル」進出を決めた直後、勝利会見に臨んだイーグルスのニック・シリアニ監督。しかしそこで主役になったのは、娘のテイラーさんでした。

 アメフトのトップリーグ「NFL」の記者会見で起きた珍事が世界中をホッコリさせている。

フィラデルフィア・イーグルスは1月29日、サンフランシスコ・フォーティナイナーズを31対7で破って、2月のスーパーボウル進出を決めた

試合後の記者会見で、イーグルスのニック・シリアニ監督は意気揚々だった。しかし、会見の主役となったのはシリアニ監督ではなく、その娘のテイラーさんだった。

■動画が拡散。「こんな可愛いシーン、見たことない」と反響広がる

父親向けニュースサイト「ファーザーリー」によると、シリアニ監督は3歳から8歳までの3人の子ども達を同席させて記者会見に臨んでいた。子ども達は記者団の前に座って、延々と父親の話をきくことに明らかに退屈しているようだった。

シリアニ監督が「試合ごとに少しずつ違いますが、あそこで調子を上げて、リードを奪って、相手を追い込んだのは素晴らしいことです」と、真面目に語っているときのことだ。隣にいたテイラーさんは野球帽を横向きにかぶったまま、父親の台詞に合わせて大きく両手を動かして、いかにも自分が記者会見をしているかのように振る舞った。

困惑したシリアニ監督は慌てて「テイラー、やめなさい」と小声で注意すると、テイラーさんは「見つかちゃったかぁ」と言わんばかりに、手で口を覆ってバツが悪そうにしていた。

このときの動画がSNSで拡散。「こんな可愛いシーン、見たことない」「めちゃくちゃほっこりした」「テイラーやめないで!」などと世界中に反響が広がった。NFLの公式Twitterは「テイラー・シリアニの気持ち、めっちゃ分かる」とサングラスの絵文字付きで、このときの動画をツイートしている。

注目記事