「この銃撃は想像を絶する悲劇」母親の喧嘩相手を殺害した容疑で10歳少女逮捕。フロリダ州の検事が声明

「この悲劇をどう受け止めるにせよ、子供がやったことであることは忘れないでください」。モニーク・H・ウォーレル検事は声明で訴えました。
ハンドバッグとピストルのイメージ写真
ハンドバッグとピストルのイメージ写真
Nutthaseth Vanchaichana / EyeEm via Getty Images

母親と喧嘩をしていた女性を銃殺したとみられる10歳の少女が6月7日、殺人容疑で警察に逮捕された。アメリカ・フロリダ州で起きた事件だった。地元テレビ局「WKMG-TV」の公式サイトなどが報じた。

■「私のママを殴るべきじゃなかった!」10歳少女が女性を撃つ

事件は「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」があることで知られる都市オーランドで、戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)の5月30日に起きた。

ワシントン・ポストによると、ラシュン・ロジャーズさん(41)が自宅アパートの中庭でメモリアルデーのバーベーキューをしていたところ、31歳の女性が10歳の娘を連れて合流した。

ロジャーズさんと女性は、以前からSNSの投稿をめぐってトラブルを抱えていたことから口論となり、お互いに殴り合いの喧嘩に発展した。

喧嘩のある時点で女は、ピストルが入ったハンドバッグを娘に渡した。ロジャーズさんは、この娘に頭を2発撃たれたことで亡くなったという。

目撃者が警察に語ったところによると、母親の女は「あんたが撃った!」と大声で言った。娘は「私のママを殴るべきじゃなかった!」と叫んだ。

娘が逮捕されたほか、母親も拘留された。母親は銃器保管の過失や、子どものネグレクトなど多数の罪状に直面しているという。

■「22年間のキャリアの中で見た最も悲劇的な事件」地元検事が声明

フロリダ州第9巡回区州検察官事務所のモニーク・H・ウォーレル検事は6月7日に声明を出した

「母親の銃を使ってラシュン・ロジャーズさんを射殺したとして、オーランド警察は本日、10歳の子どもを逮捕しました」とした上で「これは、私が22年間のキャリアの中で見た最も悲劇的な事件の一つです」と綴っている。

まだ少女を起訴するかは決めていないとした上で、「最終的に起訴するにしても、彼女の行動に対処するために必要な介入を受けさせ、彼女が変化し、成長するのを確実にするためです。彼女の行動を改善し成長を促し、公共の安全を確保するためです」とした。

その上で「この悲劇をどう受け止めるにせよ、子供がやったことであることは忘れないでください」と訴えた。子どもに関する情報は出さないとして、次のように続けている。

「この銃撃は想像を絶する悲劇であり、簡単には解決しません。私たちは慎重に行動し、ロジャーズさんの家族を支え、市民を守るためにできることを最優先にします」