PROJECT
2021年03月05日 10時32分 JST | 更新 2021年03月08日 12時12分 JST

【Podcast】経済と環境は「どちらかを選ぶ」のではなく「いっしょに考える」

MS&AD サスティナビリティ推進室 山口彩子さんをお迎えして、 SDGsに取り組んでいく時に生まれるジレンマとどう向き合っているのか、話を聞きました

ハフポスト日本版

SDGsの推進には、企業のコミットが不可欠です。しかし、SDGsの推進には、さまざまなジレンマや課題も...。

ハフポスト日本版の『SDGsを仕事に活かす』では、ナビゲーターの平原依文さんと共に、SDGsの難題や、社会課題に挑んでいるゲストにお話を伺っていきます。

今回は、保険会社大手の「MS&AD」サスティナビリティ推進室の山口彩子さんをお迎えして、 社内のSDGsを推進する上でのジレンマや悩み、課題等にどのように向き合っているのか話を聞きました。

2030年に向けて達成すべき17のゴール「SDGs」は今や、企業にとって「きれいごと」などではなく、真剣に取り組むべきものになっています。

また、気候危機の影響で被害が深刻化している自然災害に連動し、保険会社は大きな打撃を受けています。
そうした「リスク軽減」という観点からも、気候危機へのアプローチは、欠かせません。

営業のキャリア一筋から、サスティナビリティ推進室に配属された山口さん。部署移動をきっかけに、売上が全てという思考がガラリと変わったと言います。

経済(合理性)と環境問題対策の「どちらかを選ぶ」のではなく、一緒に考えることが大事だと山口さんは話した。

エピソードは、様々なプラットフォームから聞くことができます。