WORLD
2019年03月16日 16時15分 JST | 更新 2019年03月16日 16時19分 JST

平和条約交渉、プーチン大統領「失速している」と発言か 地元紙も「ロシアは島を引き渡すつもりはない」

北方領土が日本に引き渡された後、アメリカの基地が置かれることをプーチン氏は懸念しているという

Mikhail Svetlov via Getty Images
経営者らとの会合に出席したプーチン大統領=3月14日、モスクワ

日本とロシアの平和条約交渉について、ロシアのプーチン大統領は「失速している」などと発言したと、ロシアの有力紙「コメルサント」が3月15日に報じた。

コメルサントによると、プーチン大統領は14日、モスクワのホテルであった経営者らの会合に出席。その中で約1時間、経営者らと非公開で対話に臨んだ。

各国との外交や経済関係に話が及ぶ中、プーチン氏は経営者団体の代表者から「日本との平和条約交渉が袋小路に入っていないか」と問われた。

これに対し、プーチン氏は「交渉は失速している」と述べたという。

報道によると、プーチン氏はこれまでの交渉の経緯を振り返った。

その上で、日本がまず、アメリカが日本のどこにでも軍事基地を置くことができるという安全保障条約を破棄しなければならないと指摘した。

安倍晋三首相はこれまでの会談でプーチン氏に対し、北方領土が日本に引き渡された場合、アメリカの軍事基地をそこに置かないこと保証したとされる。

だが、プーチン氏はこの日の対話の中で、「基地の設置を認めない手段は現実的にはない」と語ったという。

プーチン氏は、北方領土に現在暮らしているロシア人を対象にした世論調査の結果にも言及。住民の99%が引き渡しに反対しており、「無視するわけにはいかない」と話したという。

その一方で、対話を止めるべきではないとも話し、「まずは一息つく必要がある」と述べたという。

北方領土問題と平和条約交渉をめぐっては、ロシアの経済紙「エル・ベー・カー」も12日、プーチン政権関係者の話として、ロシアは北方領土を返還するつもりはないと報じた。

引き渡しの条件も、日本側が受け入れられないことをわかっていて要求していると伝えた。

この報道について、ペスコフ大統領補佐官は「島を引き渡すとか引き渡さないとかの協議ではない。日本側と話し合っているのは平和条約締結に関することだ」と話した