NEWS
2020年06月09日 15時08分 JST | 更新 2020年06月09日 15時11分 JST

NHKが動画を削除して謝罪。「これでわかった!世界のいま」の公式Twitterが投稿し、批判殺到していた。

「掲載にあたっての配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします」

Twitter/nhk_sekaima
「これでわかった!世界のいま」の公式Twitter

NHKの国際ニュース番組「これでわかった!世界のいま」の公式Twitterに掲載された「白人と黒人の格差」を解説する動画に、表現が不適切だと批判が集まっていた問題に関して、NHKは6月9日、この動画を削除するとともに「掲載にあたっての配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします」と謝罪した。

 ■どんな動画だったのか?

批判を浴びているのは、NHKが毎週日曜日に放送している番組「これでわかった!世界のいま」の放送からCGアニメの部分を切り出して、公式Twitterが6月7日に投稿した動画だ。番組のキャラクター「Mr.シップ」が「白人と黒人の格差について説明する」というもので、「#抗議デモ」というハッシュタグがつけられて投稿されていた。

白いタンクトップを身につけた筋肉質の黒人男性が、およそ1分20秒にわたって「俺たち黒人と白人の貧富の格差があるんだ」などと話している。さらに動画では、白人の平均資産が黒人の7倍にのぼることや、新型コロナウイルスの影響で多くの黒人が失業したり、労働時間が削られたりしたことを挙げ「こんな怒りがあちこちで噴き出したんだ」と締めくくっている。

アメリカでは現在、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官に膝で首を抑え付けられ、その後死亡したことを発端に、黒人が不当に命を奪われる現状や人種差別に対する抗議デモ「Black Lives Matter」(黒人の命は大切だ、黒人の命を守れ)が大規模に発生していた。

一方、この動画投稿にはハッシュタグで「抗議デモ」とつけられているにも関わらず、人種差別で発生する命の格差には一切触れず、経済的な側面のみを取り上げたものになっている。動画が投稿されると「お金の問題なのか」「これが人種差別的だ」などといった批判が数多く出ていた

 

■NHKの謝罪全文

「これでわかった!世界のいま」のツイッターに掲載したCGアニメーションにつきまして、多くのご批判・ご意見をいただいております。

掲載したアニメーションは、6月7日放送の「拡大する抗議デモアメリカでいま何が」の中で放映したものです。番組では、デモの発端が、黒人男性が警察官に押さえつけられて死亡した事件であることを紹介したうえで、今回の事件に様々な人たちが怒りを募らせている背景やトランプ政権の対応とそれに対する批判、アメリカ社会の分断の現状などを26分間にわたってお伝えしました。

CGアニメーションは、番組の中で、アメリカの黒人の人たちが置かれている厳しい状況をわかりやすくお伝えしようと、格差のデータや指標とともに約1分20秒間にまとめたものです。

しかし、視聴者からこのアニメーションについて、問題の実態を正確に表していないなどというご批判をいただき、掲載を取りやめました。掲載にあたっての配慮が欠け、不快な思いをされた方にお詫びいたします。

NHKでは、人権を尊重し、取材や制作のあらゆる過程で細心の注意を払うよう取り組んでまいります。